ソマリア料理

「ソマリアの料理」イスラムの戒律に則ったものが食べられています。

アフリカの東端に位置するソマリアは、その地形から「アフリカの角(つの)」と呼ばれています。エチオピアと隣接し、また古くから交易の中継地として栄えていたため、ソマリア料理もエチオピア、イエメン、イラン、トルコ、インド、イタリアなどの国からの影響を受けて発展してきました。
ガーナ料理

「ガーナ料理」チョップバーと呼ばれる食堂や、屋台でご飯を買って食べることが多いです。

ガーナではチョップバーと呼ばれる食堂や、屋台でご飯を買って食べることが多く、まちのあちこちで、ご飯を手で食べている光景を見ることができます。どの料理も200円程度でお腹いっぱいまで食べることができ、大食漢には天国のような国です。
ジンバブエ料理

「ジンバブエの料理」古くから食べられている伝統的な食事が多いです。

ジンバブエはアフリカ大陸の南部に位置し内陸国です。魚はあまり出回る事もなく食べられません。お肉は小さなスーパーで購入したり、野菜や豆といったものは路面店で売られている事が多いです。
コートジボワール料理

「コートジボワールの料理」新鮮な食の宝庫、フランスの影響をうける。

食文化という面から見てもコートジボワールはフランスの植民地だったこともあり食はフランス料理の影響を強く受けています。そのため豆を煮込んでいたり、スープ系だったりとどこかフランス料理を思わせるメニューが食事の中に出てくることも多いです。
スリランカ料理

アジアングルメ紀行のレトルトカレーシリーズを紹介します。

アジアングルメ紀行は、ハチ食品が販売するレトルトカレーシリーズです。その名の通り、アジアン風のレトルトカレーです。現時点でこのシリーズでは4種類のレトルトカレーが販売されていますが、その中の3種類をご紹介します。
オーストリア

「オーストリアの料理」ハンガリーやチェコ、ドイツやイタリアの影響を受ける。

音楽の都で有名なオーストリアの料理について知っている人はそう多くはないと思います。同じヨーロッパではイタリア料理やフランス料理などの方が有名ですよね。しかし、オーストリアにも美味しいものはたくさんあるんです!今回はそれを紹介したいと思います!
スロバキア料理

「スロヴァキアの料理」ハンガリー・チェコ・オーストリア料理との共通点がある。

スロヴァキアは1993年に独立した国です。料理は周辺国からの影響を色濃く受けおり、ハンガリー・チェコ・オーストリア料理との共通点が多くあります。内陸のため、鯉やマス等の川魚が食されています。中でも鯉はクリスマスの定番料理であり、生け簀を設けた魚屋やデパートで生きた鯉がよく買われるそうです。
スロベニア料理

「スロベニアの料理」そばの実を使った料理は人気があります。

スロベニアでは家畜の飼育や野菜の栽培がされており特に石灰質の土地が多く、そばやぶどうの栽培に適している土地でそばを使った料理がたくさんあります。またスロベニアのワインは世界各国で有名で色んな国に輸入されて楽しまれています。 ヨーロッパの中でも小さい国ではありますが、色んな料理があり、美食が揃っているのが特徴です。
パラオ料理

「パラオの料理」日本統治時代の影響を料理にも受けています。

パラオが独立したのは、1994年のこと。それまでは、スペインやドイツだけでなく日本の領土として発展を遂げてきました。また、第二次世界大戦後はアメリカの信託統治下にあったという歴史もあり、パラオ料理にはスペイン、ドイツ、日本、アメリカの影響を感じることができます。
キプロス料理

「キプロスの料理」キプロスの料理はギリシャ料理やトルコ料理の影響を受けています。

キプロスでは地中海の新鮮な海産物や温暖な気候を利用した酪農による乳製品や食肉などを利用した料理が数多く存在します。また、キプロスはワイン発祥の地としても有名であり、これらの料理はワインに合う素晴らしいものとなっています。