「アルゼンチンの料理」お肉の消費量が世界トップクラス

アルゼンチン料理

アルゼンチン料理の概要

アルゼンチン料理は主にお肉を使用した料理です。

アルゼンチンのお肉の消費量は世界トップクラスで色んなお肉料理がありますが、特に牛肉がよく使用されています。アルゼンチンの人口の3倍近くの牛が飼育されていることもあり、牛肉料理が多いのが特徴です。

またアルゼンチンにはピザやパスタを食べることも多く、特にニョッキはよく料理に使われています。アルゼンチンにはニョッキに纏わる文化もあり、毎月29にお皿の下にお金を置いてニョッキを食べる日があります。

アルゼンチン基本的な食事

アルゼンチンの朝は基本的に甘い食事がメインになります。アルゼンチンはクロワッサンなどのパンを食べる方もいれば、あまりパンが美味しくないと言う方は朝からクッキーなどで済ませる方も多いです。

ランチにはピザやパスタ、夕食にはお肉料理がメインというような食事スタイルが基本です。

お肉の消費量が多いということもあり、あまり魚料理は食べる文化がありません。全くないわけではないですが、割合は確実にお肉の方が多いです。

また飲み物はマテ茶がよく飲まれています。

アルゼンチン料理でよく使われる食材

牛肉

色んな料理に使われることが多い食材ですが、アルゼンチンでは炭火焼にして食べることが多いです。

主に岩塩で味付けをすることが多いのですが、その他にもカツのように揚げたり、スパイスで味付けをしたりと様々な方法で調理されています。

ニョッキ

アルゼンチンには上記で紹介したようにニョッキの日があります。お肉と一緒に煮込んで食べたりするのが人気です。

イタリアからの流通でパスタが流行り、ニョッキが一番使われています。

チーズ

チーズもイタリアから流通したと言われています。特にプロヴォローネチーズは前菜のように最初の料理として出されることも多いです。

またピザやパスタもよく食べられているのでチーズは欠かせない食材です。

アルゼンチンの代表料理

アサード

アサードとはスペイン後で焼かれものといういみ、牛肉や羊肉を炭火で焼き岩塩やスパイスで食べる料理です。

基本的には岩塩で食べられていますが、地域などによりタレに漬け込んで置く場合もあります。パンに挟んで軽食をして食べられたりもします。

地域にもよりますが、アサードは男性が焼くと決まっている料理で、ホームパーティなどでよく食べられる料理です。

肉本来の旨味がしっかりしているメニューでアルゼンチンでは大人気のメニューです。

ミラネッサ

薄い牛肉を揚げた料理で、ミラノ風カツレツに似た料理です。

アルゼンチンはイタリアからの移民が多いため、イタリアから流通した似た食べ物です。

ミラネッサはご飯との相性もよく、チーズやトマトソースなどをトッピングして食べられたりしています。

ミラネッサにトッピングしたものをミラネッサナポリターナと呼ばれており、ボリュームたっぷりの一品です。

チョリパン

アルゼンチンのソウルフードで先程上記で紹介したアサードと一緒に焼いたチョリソーのソーセージを挟んだパンです。

アサードを作っている時に一緒に焼き、アサードができるまでに食べられることが多いのですが、今は軽食として食べられることが多く、ランチタイムに人気だそうです。

今は日本にも上陸しており、チョリパンを扱っているカフェやパン屋さんも増えてきています。

牛肉と豚肉で作られたソーセージは肉の旨味が凝縮しており大人気な1品です。

首都ブエノスアイレスには30店ものお店が並んでおり、チョリパンストリートというものがあるほど人気の料理です。

エンパナーダ

こちらも軽食として人気の1品で、日本でいう揚げ餃子のような見た目をしている料理です。

地方により中身の具材は異なりますが、主にお肉が詰まっています。お肉の他にも野菜やハムなどを細く刻んで包み込んでいます。

主に牛肉で作られていますが、鶏肉や豚肉でも作られています。変わったところではホワイトソースなども入っています。

パンのような生地にお肉などの具材を詰め、揚げた料理で、食べ歩きすることが可能で屋台などで人気です。

パーティーでは前菜として食べられることっもあり、中身を変えてデザートとして食べられたりと変わり種を作ることができるので楽しく食べれる料理です。

マタンブレ

牛肉のバラ肉を使った料理で、野菜や卵などを牛肉で巻いたものです。切った断面が綺麗で、パーティーなどのメニューにも出される料理です。

鮮やかな料理でコース料理などにも出されています。おもてなしとして家庭でも作られています。

ロクロ

アルゼンチンの北西部の郷土料理です。とうもろこしベースのシチューのような料理です。
中身には豆やお肉の臓物系、野菜などが入っています。

日常的に食べられている地域もあれば、記念日などの時に食べられたりする地域もあります。冬にぴったりな郷土料理です。

ロクロとは元々はインカ帝国の時代の言葉だそうです。

ドルチェ・デ・レチェ

牛乳を長時間煮詰めてキャラメル化したものです。パンに塗って食べたり、クッキーに挟んで食べられています。

そのクッキーをアルファフォーレスといいます。

ドルチェ・デ・レチェは19世紀初めにできたものです。19世紀から受け継がれてきた優しい甘さの甘味です。

マテ茶

アルゼンチンでは野菜をあまり食べない代わりにマテ茶を飲んでいれば野菜を食べなくてもいいと信じている人もいるそうです。

日本でもマテ茶が流行ったことがありましたが、そのまま飲むのが通常です。しかしアルゼンチンではマテ茶にハチミツなど入れて甘くして飲む人もいます。

アルゼンチンの人はマテ茶専用のカップ、マテーロと呼ばれているカップを使用してマテ茶を作ります。

ろ過器つきの金属ストローでマテ茶を飲むのが一般的な飲み方です。

スブマリー

アルゼンチンの人はマテ茶やお酒だとワインなどをよく飲みますが、甘いものが好きなので甘い飲み物も飲みます。

スブマリーという甘い飲み物は潜水艦という意味があります。何故潜水艦というかというと、ホットミルクの中にチョコレートを沈めて飲むドリンクだからです。

甘いものが好きなアルゼンチンの人はチョコレートの量を自分の好みで調節して飲みます。

コメント