「オーストリアの料理」ハンガリーやチェコ、ドイツやイタリアの影響を受ける。

オーストリア

オーストリア料理の概要

オーストリアと言ったら皆さん、なにを最初に思い浮かべますか?オーストリアの首都は音楽の都ウィーン。モーツァルトやベートーベンなどが出身ということはとても有名ですね。

さて、音楽の都で有名なオーストリアの料理について知っている人はそう多くはないと思います。同じヨーロッパではイタリア料理やフランス料理などの方が有名ですよね。しかし、オーストリアにも美味しいものはたくさんあるんです!今回はそれを紹介したいと思います!

オーストリアの食文化

まず知っていて欲しいのはオーストリアの食文化はハンガリーやチェコ、ドイツやイタリアなどのかつてオーストリアを支配していた地域の影響を受けているということです。

オーストリア料理はこれらの国から伝わった料理にオーストリア独自の味付けや食材を使って変化していきました。

少しドイツ料理に似ていると言われていますが、オーストリア料理には東ヨーロッパの文化が隠れていることが特徴です。

よく使われる食材

パン

まず、日本と違うところは、主食はパンというところです。まぁこれは欧米諸国をはじめみなさんも安易に想像ができると思います。むしろ主食が米というところの方が少ないのですからオーストリアの方が世界的に見ると一般的です。

オーストリアではライ麦パンや雑穀パンなどが好まれています。理由は様々ですが、白パンよりも健康的だからです。日本でも白米よりも玄米や雑穀米の方が栄養価が高いと言われていますよね。それと同じです。

肉類

さらに、オーストリアは肉食です。基本的に魚料理は作られず、仔羊の肉や、牛肉中心の食生活が見受けられます。

これは、国の位置に関係しています。ヨーロッパ内部に位置するオーストリアは海がなく、魚が取れません。今は輸入できていますが、昔からの食文化が根付いていまだに肉料理が中心に並びます。

オーストリアで最も消費されている肉は豚です。理由はたくさんありますが、やはり安価で加工しやすいということが大きな理由でしょう。ハムやベーコンといった加工肉として食べられることが多いです。

また、オーフェンレバーという料理も人気です。豚の内臓に香味野菜やパンなどを詰めて焼いた日本でいうソーセージのようなものです。各家庭によって入るものは違いますが、これもまた食卓は並ぶ常連と言えます。

では、ここでオーストリア料理の中でもウィーン料理と呼ばれる、オーストリアの歴史が詰まった肉料理などについていくつか有名なものを紹介していきます。

代表的な料理

シュニッツェル

一番と言っていいほど有名なのがシュニッツェルです。一般的には子牛で作られたカツレツのことをそう呼びます。シュニッツェルは元々北イタリアを起源として1600年〜1700年ごろにウィーンに伝わったとされています。諸説ありますが、ヨーゼフ・ラデツキー元師によって伝えられたとも言われています。

実際の家庭では先ほどお話しした通り、豚肉が安価ということから豚肉で作られたシュニッツェルが家庭に並ぶこともあります。基本的には肉を薄く切り、肉からハンマーで叩いてさらに薄くした後に卵、パン粉にくぐらせて揚げたものがシュニッツェルです。

日本料理での揚げ物と言ったら天ぷらですが、ここで違うのは油です。日本料理ではサラダ油などを使いますが、シュニッツェルはバターやラードなどの動物性の油で揚げ焼きにしたものが一般的です。

グラーシュ

次に紹介するのはグラーシュ、牛肉を煮込んだものです。ドイツでは一般的にシチュー料理のことをグラーシュと言います。元々はハンガリー料理でしたが、オーストリアがハンガリーの支配下だったためオーストリアの料理としても広まりました。

玉ねぎなどとラードで炒め、家庭によってはサワークリームなどを入れて酸味とまろやかさを出します。私たちが普段食べているもので似ているものといえばビーフシチューではないでしょうか。大きく違うところは牛肉の大きさです。ほぼ具材は牛肉の存在感に負けてしまうほど牛肉は大きく、それに伴ってパンではなくポテトが添えられていることも多いです。

ザウアークラウト

これまで肉料理を中心にお話ししてきましたがここでザウアークラウトについて紹介します。名前の通りこれはキャベツの酢漬けのことです。

ザウアーは酸っぱい、酸味のある、クラウトはキャベツと言う意味があります。ザウアークラウトはキャベツを細かく千切りにし、瓶などに入れ塩の浸透圧をかけながら常温で保存します。冬では一週間、夏では三日ほどで味が染み込み美味しいザウアークラウトが出来上がります。

これは、フランス料理でも使われていますがシャークルートと呼ばれます。フランスではキャベツのことをシューと呼びます。フランスでは白ワインと魚料理と合わせますがオーストリアでは肉料理のお口直しとしてさっぱりと頂くのが一般的です。

ザウアークラウトは一般的にドイツ料理として有名ですが、ドイツの支配下でありお隣のオーストリアにも深く定着している食べ物です。日本で言うところのお漬物といったところでしょう。さっぱりとしていて肉料理にとても合うことからオーストリアの人たちに深く愛されてきた食べ物の1つです。

最後に

さて、これまで3つオーストリアの料理についてお話ししてきました。フランス料理やイタリア料理に埋もれてしまっていまだに日本ではウィーン料理という名前は浸透していませんがオーストリアにもたくさん郷土料理があります。

前頭にもお話ししたようにハンガリーやドイツなどの支配下だったためにたくさんの文化が入り混じり、共存してオーストリア料理は作られてきました。だからこそ、オーストリア特有の料理は少ないものの、ヨーロッパのおいしいがたくさん詰まったオーストリア料理というものが出来上がりました。

このオーストリア料理の中でも歴史が反映されてできた料理のことを特にウィーン料理と呼びます。かつてはハンガリーやドイツの支配下だったオーストリアがいろいろな料理を自らの文化に変えていったウィーンの人たちは私たちが想像できないような苦労をして作り上げてきたのでしょう。

是非オーストリアに旅行に行く際はこういった歴史を調べ、料理の皿で味わうといったことをしてみると思い出に残る料理を見つけてはいかがですか?

コメント