「ブラジルの料理」様々な国の味が融合したバリエーション豊かな料理。

ブラジル料理

ブラジル料理の概要

ブラジルは他民族によって構成される国です。ブラジルの公用語はポルトガル語ですが、ブラジルの人々はポルトガルだけでなく、ドイツやイタリア、アフリカ、アラブ、アジアなど様々なルーツを持っています。

そのため、ブラジルの料理はそれぞれの国の味が融合したもので、非常にバリエーションに富んでいます。

地域による料理の特徴

ブラジルは世界五位の広大な国土を持った国。そのため、地域によって食べられている料理も異なります。

北部

ブラジルの北部は南米の先住民である「アメリインディアン」の文化が残る地域です。

全域がアマゾンの熱帯雨林に覆われているため、アマゾン川で取れる淡水魚が食材として用いられます。また、ヤムイモやココナッツなど熱帯雨林によって育まれた食材を使った料理が豊富です。

北東部

ブラジル北東部はアフリカにルーツを持つブラジル人が多く居住している地域。

料理にもアフリカ系の特徴が現れています。ココナッツミルク、唐辛子、パーム油が用いられることが特徴です。

さらに北東部は乾燥地域で、放牧なども行われています。そのため、干した肉「カルネセカ」や塩漬けにした肉「カルネデソル」などが料理に用いられます。

中西部

中西部は広大な森や草原など非常に自然の豊かな地域です。広大な放牧地では牧畜が盛んで、そこから算出される牛抜くや豚肉を使った料理が特徴です。

また、トウモロコシや米、キャッサバなどが栽培されています。食材自体が美味しいことから、味付けはシンプルだと言われています。

南東部

南東部はサンパウロやリオデジャネイロなど大都市を含んだ地域です。そのため、ブラジル料理の中でも有名な料理が名物となっています。

この地方では伝統的に豆がよく用いられ、煮込み料理などが人気です。

南東部はイタリアからの移民が多いことからピザなども食べられていますが、日系人も多く、豆腐なども製造されています。

南部

南部はヨーロッパからの移民が多い地域で、主食として小麦粉を使った食生活が特徴です。牛肉が好まれ、串に刺して焼いた「シュラスコ」などの焼肉料理が代表的な存在です。

ブラジル料理の食材

ブラジル料理では肉や魚、豆、米、バナナなどが用いられます。

ブラジルでは肉といえば牛肉が中心です。赤身肉だけでなく、内臓などのホルモンも余すところなく活用するのがブラジル料理の特徴。
また、牛肉だけでなく、豚肉や鶏肉、アヒル、ちょっと変わったところではワニなども食べられています。

ブラジルは海に面しているため、魚介類は非常に豊富。海に近い地方では新鮮な魚が食べられています。

一方の内陸では、干したり塩漬けにしたタラがよく用いられています。これらはバカリャウと呼ばれています。バカリャウはもともとはポルトガルで食べられていた食材で、水で戻してスープや前菜、煮込み料理などに使われます。

またブラジルではアマゾン川などで取れた淡水魚も食べられています。ナマズやピラニア、ティラピアなども食材として用いられます。

豆、米

ブラジルでは日本と同じように豆や米が主食として食べられています。

豆はタイ米などと同じように縦長のインディカ米。豆はインゲンマメなどがよく食べられています。また、キャッサバの粉をあぶった「ファロファ」も主食として愛されています。

バナナ

バナナというと日本では甘い食べ物というイメージがありますが、ブラジルでは主食として扱われることも多い食材です。

ブラジルの代表的な料理

最後にブラジルの代表的な料理を紹介します。

フェイジョアーダ

フェイジョアーダはブラジルの国民食とも呼ばれる料理です。

黒いインゲンマメや塩漬けの豚、ソーセージなどにホルモンや豚の耳を加えて煮込んだもので、もともとはアフリカから連れてこられた奴隷が、主人が食べない食材を煮込んで作ったものだと言われています。

フェイジョアーダには百通り以上のレシピがあり、家庭や地域によって使用される食材も異なります。

ドブラジャーニャ

ドブラジャーニャはブラジルの煮込み料理です。

ドブラジャーニャは、白い豆とミノ、ハチノスなどのホルモンを煮込んだ料理。

フェイジョアーダは水曜日と日曜日に作るものとされていますが、ドブラジャーニャは火曜日に作るものとされています。そのままで食べるよりも、ご飯にかけて食べる食べ方が一般的です。

ハバーダ

ハバーダはブラジルの肉じゃがです。

日本の肉じゃがの場合には、豚や牛などが用いられますが、ハバーダに使われるのが牛テール肉と決まっています。

ハバーダは牛テール肉にジャガイモ、ニンニクなどを加えてしっかりと煮込んだ料理。こちらもご飯にかけて食べられています。

ムケッカ

ムケッカは魚介類をココナッツミルクやココナッツオイルで煮込んだ料理です。

メインの魚にタマネギ、ニンニク、トマトなどが加えられ、水はほとんど使われません。
魚介類には魚だけでなく、エビやカニなどが使われます。

シュラスコ

日本でも有名なブラジル料理がシュラスコです。

シュラスコは大きな肉を串に刺して焼いた料理で、様々な部位が用いられます。また、バナナやパイナップルなども串に刺して焼いた状態で提供されます。

パステルカルネ

パステルカルネはひき肉とタマネギ、トマト、チーズを包んだパイ料理です。

屋台などでファストフード感覚で楽しまれています。チョコやクリーム、バナナを加えてスイーツとして食べられることもあります。

タブレ

タブレはブラジルで食べられているサラダです。野菜だけでなく粗挽き小麦もアクセントとして用いられます。

パルミット

パルミットはヤシの新芽で、サラダの付け合わせなどに用いられます。食感はホワイトアスパラガス、歯ごたえはたけのこに似ていると言われています。

プジンジレイチコンデンサード

プジンジレイチコンデンサードはブラジルのプリンです。

通常のプリンの場合には牛乳と卵、砂糖が使われていますがプジンジレイチコンデンサードではさらに練乳が加えられています。そのため、食感がしっかりして甘さもはっきりしています。

キンジン

キンジンはココナッツミルクとココナッツファイン、卵を混ぜたブラジルのスイーツです。ブラジルスイーツの定番で、レストランやケーキショップだけでなく、家庭で作られることもあります。

コメント