「ブルネイ料理」様々な国の影響を受ける

アジア料理

ブルネイ料理の概要

ブルネイは東南アジアのボルネオ島北部に位置する立憲君主国家です。

イスラム教国で、イギリス連邦加盟国です。石油や天然ガスなどの資源を多く埋蔵しています。

ブルネイは東南アジアの中でもマイナーな国ですが、ASEANの一員にもなっている国です。

ブルネイはマレーシアの隣に位置しているので、ブルネイ料理はマレーシア、シンガポール、インドネシアの料理と似ており、それらの影響を多く受けています。

インドやタイ、中国や日本などの国々からも影響を受けた料理が多く見られます

また、イギリス連邦の加盟国でもあるので、イギリス料理の影響も受けているというように、ブルネイ料理は様々な国の影響を受けている料理です。

食事はハラールで豚肉が禁止されており、また、アルコールも禁止されています。そのため料理の幅については他の東南アジア料理に比べると狭まっているように思えます。

【ブルネイ料理でよく使われる材料】

デンプン

ブルネイ料理ではおもにデンプン食品が多く使われています。一方、牛肉は高価なためあまり使われることはありません。

野生のお肉

地方では野鳥や鹿の仲間であるサンバーなどといった野生の動物を狩猟します。それを使ったスープや炒め物がブルネイではよく食べられます。

味付け

ブルネイ料理は少し辛めの味付けが多く見られます。それらをご飯、もしくは麺と共に食べるのが一般的です。

飲み物でよく飲まれるのはココナッツミルク、フルーツジュース、お茶、コーヒーです。

中国やインドなどから伝わってきた食文化もブルネイでは多く見られます。例えばムエタバという料理はインドとの交易によって東南アジアに伝わったとされています。

代表的なブルネイ料理

アンブヤット

アンブヤットは少なくとも800年前から食べられている歴史ある食べ物、アンブヤットはサゴヤシの木の幹の内側から得られるブルネイの食品のことです。

でんぷん質で風味のない食べ物で、タピオカデンプンに似ています。サゴは小麦粉のような粉状のものですが、お湯を入れてかき混ぜるとガムのようになります。

アンブヤットは「キャンダス」と呼ばれる竹で作られたフォークでデンプンを巻き取り、カカーという酸味のある果物のソースにつけて食べます。

ソースには辛みを付けるためにチリパウダーを加えることがあります。

ロティジョン

ロティジョンはマレー風のバゲット・サンドのことを指します。パン(ロティ)に卵とビーフミンチを挟んで焼き上げたホットサンドです。

作り方はまず、卵とビーフミンチをコッペパンの形に焼いていきます。卵が焼きあがる前にコッペパンを上からのせ、うまく卵がパンにくっつくようにパンを押しつけてていきます。

焼きあがったらマヨネーズとチリソースをたっぷりかけて、一口サイズに切ったら完成です。

ナシカトック

「ナシ」はご飯という意味で、フライドチキンと一緒に食べるのが定番です。おかずに決まりはありませんが、味付けが濃いめのこってりしたおかずを主に一緒に食べます。

フライドチキンはブルネイでは「アヤンゴレン」と呼ばれています。

「ナシカトック」という名前は、お腹を空かせた人が、深夜に食堂のドアを「カトッカトッ」とノックしておばちゃんを呼び出して、簡単な食事を安く売ってもらったことが由来とされています。

イカンマサックサワーアンドスウィート

イカンマサックサワーアンドスウィートの、「イカン」は魚、「マサック」はソースやタレ類のことです。

つまりこれは、甘酸っぱいタレを使う魚料理で、トマトソースに酢と砂糖で、味は日本人がイメージする酢豚のようなものです。

酢豚の豚を魚のから揚げに置き換え、ピーマンや玉ねぎなどの野菜と炒め合わせた、ごはんにとても合うおかずです。

プルパンガン

ブルネイはもともと国土の大部分がジャングルなので、幅広い葉に何かを包むのは昔からの定番です。

プルパンガンの中にはココナッツミルクで炊かれたほんのり甘いもち米が入っており、さらにその芯に甘く炊いたココナッツが入っています。

プルパンガンは「スティッキーライス」とも呼ばれています。

クエマラヤ

クエマラヤは、クレープよりも厚手の生地にピーナッツやチョコレート、レーズンなどを入れて焼き上げるローカルスウィーツのことです。

作り方はまず、専用の鉄板に生地を流し込み、ピーナッツをたっぷりかけます。

次に、砂糖、レーズンをかけて最後にまたたっぷりとコンデンスミルクをかけると完成です。すごく甘くてカロリーも高めですがとても美味しいスイーツです。

クロポック

クロポックは魚等のすり身を揚げた食べ物です。

魚の旨みと香ばしい香りがするローカルフードです。ソースはチリソースをかけて食べますが、いいアクセントになって美味しいです。これはおもにブルネイの屋台でよく売ってある商品です。

ココナッツミルク

ココナッツミルクは成熟したココナッツの種子の内側に、層状に形成される固形胚乳から得られる、甘いミルク状の食材です。

すりおろしたココナッツを水と一緒に弱火で煮込んで、目の洗いガーゼなどの布で絞って作ります。

ココナッツミルクは熱帯の料理でよく使用されます。一般的には缶詰や冷凍したものが売られています。冷凍されたものの方が風味が保たれる期間が長いとされています。

ココナッツミルクはおもにタイ料理のグリーンカレーやレッドカレーの材料としてよく使われます。

ブルネイでは主に飲み物として飲まれることが多く見られます。

コメント