「カンボジアの料理」全体的に甘めの味付けであまり辛くないのが特徴

カンボジア料理

隣国にベトナムやタイがあるカンボジア。ベトナムやタイ料理は有名ですがカンボジア料理と聞いても味の想像があまりつかないですよね。

唐辛子をたっぷり使った料理もありますが、全体的に甘めの味付けであまり辛くないのが特徴です。

どんな食材が使われるの?

肉と海産物

カンボジアにはイスラム教徒もいますが、国民の多くが仏教徒なので豚肉もよく使用されます。牛肉や鶏肉の他、あひるの肉やカエルの肉等様々な肉類を食します。

また、卵は鶏卵よりも一回り大きめで味も濃厚なアヒルの卵を好む人が多いです。魚介類はトンレサップ湖から取れた淡水魚や小エビ等がメインです。

海岸に面したシハヌークビル、カンポット、ケップ州などでは新鮮な海産物を楽しむことができます。

野菜

かぼちゃ、ナス、トマト、ゴーヤ、人参等のおなじみの野菜の他、日本ではあまり見ることのない野菜も多数あります。小さいスイカやバナナの花、青いパパイヤや青いマンゴーも料理に使われます。

様々な香草

香菜の種類も様々です。香菜は主に料理の完成間際に添えるものと調理の段階で使うものに分かれます。

料理に添えるものだと隣国ではコリアンダーが使われることが多いと思いますが、カンボジアでは普通のコリアンダーよりもノコギリコリアンダーの方がよく使われています。

その他スイートバジル、ホーリーバジルやシソのような香りがするシソクサ、苦味のあるニーム等、香菜をたっぷり添える料理が多いです。

調理の段階で使うものはタイ料理でおなじみのコブミカンの葉(バイマックルー)やガランガル、レモングラスやターメリックがあります。

これらと赤玉ねぎやニンニクを合わせて細かく潰したミックス・スパイス「クルオン・ボック」というものが様々な料理に使われます。

調味料

調味料は塩や砂糖の他、魚醤やオイスターソース、魚を発酵させてつくったプロホックと呼ばれる魚味噌が良く使われ、酸味ではタマリンドとライムが良く使用されます。

また、カンボジアの胡椒も注目すべき食材です。調味料として使う他、緑の生の胡椒も炒めものなどにして食します。

観光客に人気!代表的なカンボジア料理は?

カンボジア料理の代表として観光客がよく目にするのが「ロックラック」、「アモック」と「カンボジア・カレー」です。

ロックラック

「ロックラック」は牛肉のサイコロステーキをオイスターソースや魚醤、砂糖などで少し甘めに味付けしたもの。レタスと輪切りの玉ネギ、輪切りのトマトが添えてあることが多いです。

アモック

「アモック」は淡水魚や鶏肉などをココナッツミルクとミックス・スパイス等で味付けし、蒸したものです。味はマイルドなココナッツカレーといったところでしょうか。

カンボジア・カレー

「カンボジア・カレー」はココナッツミルクとミックス・スパイスがベースになっていて、あまり辛くなく少し甘めの味付けです。肉は豚肉や鶏肉が使われることが多いです。人参、じゃがいも、さつまいも、インゲン、ナスなどが具材です。仕上げにスイートバジル等の香草を添えます。

このカンボジア・カレーはご飯と一緒に食べるだけでなく、米粉からつくったそうめん「ヌン・バンチョック」と一緒に食べることもあります。

あっさり食べられるので朝ごはんにぴったりです。

他にどんなカンボジア料理がある?

観光で目にするカンボジア料理は先ほど例に挙げた3品が多いですが、実はカンボジア料理は本当に沢山の種類があります。炒めもの、スープ、サラダ等色々な種類がありますが、味つけも様々です。

味付けを大きく分類すると、あまりスパイスを使わない中華風の料理、ミックス・スパイスを豊富につかった料理、魚を発酵させて作った調味料のプロホックを使用した料理、酸っぱい料理に分かれます。

その中でも日本人にもおすすめの料理をご紹介します。

中華風のスープ「スガオ・チャップチャイ」

中華風の料理だと「スガオ・チャップチャイ」というスープがあります。

「スガオ」は煮込む、「チャップチャイ」は具沢山という意味です。

豚肉や鶏肉を使い、味付けは魚醤や干しえび、干しイカがベースです。人参、大根、キャベツ又は白菜、キクラゲやしいたけ、湯葉、豚皮の揚げたものが入っており、優しい味付けで日本人にも食べやすいスープです。

ミックス・スパイスを使ったスープ「ソムロー・ココー」

スパイスを豊富につかったスープでおすすめは「ソムロー・ココー」です。

「ソムロー」はスープ「ココー」は炒り米という意味です。

こちらは豚肉や淡水魚が使われます。ミックス・スパイスの「クルオン・ボック」をふんだんに使い、炒り米を砕いたものを料理の仕上げに入れるが特徴です。

ナス、インゲン豆、かぼちゃ、青いパパイヤ等の野菜もたっぷり入っています。仕上げに近年健康食品でも注目されている「モリンガ」の葉を入れることもあります。どこか懐かしく、ほっこりする味のスープです。

プロホックを使った料理

魚を発酵させて作った調味料の「プロホック」は独特な香りがするので好き嫌いが分かれますが、おすすめは「プロホック・クティヒ」です。

「クティヒ」はココナッツミルクという意味です。豚肉のミンチとプロホックを炒めたものに、ココナッツミルクを加えます。ココナッツミルクでプロホックの独特な香りが和らぐので食べやすくなります。

生のキュウリ、人参、キャベツ、ナス等の野菜につけて食べます。おつまみにもおすすめの料理です。

酸っぱい料理「スガオ・ナムガウ」

酸っぱい料理は主にタマリンドを使ったものとライムを使うものに分かれますが、今回紹介したいのは「スガオ・ナムガウ」というライムのスープです。

「ナムガウ」は塩漬けのライムという意味です。保存食で日本の梅干しのような存在といったところでしょうか。

レモングラスやコブミカンの葉と塩漬けのライムを使って、鶏肉を煮込みます。酸味とほのかな苦味が楽しめるちょっと大人向けのスープです。

カンボジア料理を楽しもう!

カンボジア料理は様々な食材を使用しており、野菜もたっぷり摂ることができます。あまり辛くない味付けが多いので女性やお子様にもおすすめです。

代表的な料理も本当に様々な種類があります。カンボジア料理にあまり馴染みのない方が多いと思いますが、是非日本人に味わっていただきたい世界の料理のひとつです。

コメント