欧州料理

モナコ料理

「モナコの料理」フランスのコートダジュールとイタリアの国境近くにる国の料理です。

モナコの住民の半分以上は多国籍の人だそうです。モナコに住んでいる多国籍の方はほとんどが億万長者とも言われております。その中でモナコ料理で人気のレストランには宮殿の人や多国籍のセレブの方々も通うほどモナコ料理は様々の国の人に楽しまれています。
マルタ料理

「マルタの料理」地中海の中央に位置して様々な国の食文化から影響を受けている。

マルタはイタリア・シチリア島の南にある国です。領土こそ小さいものの、地域によって様々な食文化があり、季節もはっきりしているため食文化も豊か。さらに地中海の中央にあるため、イタリア、中東、アラブ、アフリカなど、様々な国の食文化から影響を受けています。
バチカン料理

「バチカンの料理」イタリアや法王の出身国の影響が強いです。

料理については概してイタリア料理が最も近いと言われることが多いです。それもそのはずで、事実としてバチカン市国はイタリア国内のしかも首都であるローマ市内に位置しており、立地関係としてイタリア料理の影響が強いことに納得がいきます。
リトアニア料理

「リトアニアの料理」寒さが厳しく湿潤という北国の気候に合った食材が使われます。

リトアニアで食べられている料理は、寒さが厳しく湿潤という北国の気候に合った食材が主に使われています。雨の日が多いので、日照時間が短くても育つ作物が多く生産されており、郷土食も自然とそれらの食材を使った料理になるわけです。酪農も盛んなので、チーズやヨーグルトなどの乳製品も特産物の一つになります。
チェコ料理

「チェコの料理」食材を上手に工夫して素晴らしい料理を作り出した国。

内陸にある国の為、食料がかなり制限されています。しかしながら少ない食材を上手に工夫して素晴らしい料理を作り出した国でもあります。香辛料やスパイスなどはあまり使わずに、塩、胡椒を使って素朴な味付けを出しているのが特徴です。また多くの食事の添え物としてサワークリームを使われることがあります。
ジョージア料理

「ジョージアの料理」長寿大国の伝統的な料理を紹介します。

日本と同じく四季のある国なので、農作物が豊富に収穫できます。乳製品や木の実、香草やフルーツなど使用する食材も様々です。ワイン発祥の地ともされており、ワインに合う料理が多いのも特徴です。
イタリア料理

「イタリアの料理」時間をかけて食材の旨みを堪能する風習がある。

イタリア料理は、なんと古代ローマの時代から食べられていたと言われております。しかもその当時からまずは前菜、そしてメインディッシュ、最後にデザートを食べるという今やイタリア料理の定番とも言えるであろう料理の出し方を行っていたようです。
ジョージア料理

松屋でジョージア料理のシュクメルリ鍋定食が販売されています。

一部店舗で販売され人気を博していた「シュクメルリ鍋定食」が全国販売されます。南コーカサスのジョージア料理「シュクメルリ」を松屋風にアレンジしています。世界で一番にニンニクを美味しく食べることができる料理です。是非お試しください。
ルクセンブルク料理

「ルクセンブルクの料理」独自の発達を遂げてきた料理はやや少なめです。

ルクセンブルクは内陸国ですので、魚料理には基本的には川魚が使われます。また、肉料理は温かいものだけでなく、ハムやパテなどの冷たいものも頻繁に食べられているという特徴があります。
クロアチア料理

「クロアチアの料理」地域ごとに4種類に分類できます。

クロアチア料理は沿岸部に面するダルマチア地方のダルマチア料理、イストラ料理、ザグレブ料理、スラヴォニア料理の4種類に分けられることが多いです。また、国境に近い地域ほど隣国の料理が食べられていることもしばしばあります。