欧州料理

イギリス料理

「イギリスの料理」調理法や使う食材などは比較的シンプルです。

調理法や使う食材などは比較的シンプルで、薄味の料理が多いのが特徴です。それゆえ、手の込んだフランス料理や味付けがしっかりとした他国の料理と比較して、「イギリス料理はまずい」なんて言われているのかもしれませんね。
コソボ料理

「コソボの料理」バルカン半島の中部に位置する内陸国。

コソボに住んでいる国民の約90%が、アルバニア人です(残りはセルビア人などが住んでいます)。アルバニア人が主食としているのは、パンやパイなどです。パンにはさまざまな種類がありますが、日本でもおなじみのクロワッサンやバゲットなどが好んで食べられています。
ブルガリア料理

「ブルガリアの料理」ヨーグルト以外の伝統的な料理を紹介します。

たいていの人は、ブルガリアと聞くと、ヨーグルトを思い浮かべると思います。実際、ブルガリアでは、ヨーグルトはよく食べられています。しかし、ブルガリアにはヨーグルト以外にも、伝統的な料理から、いわゆるB級グルメ的なものまで、おいしいものがたくさんあるのです。
ギリシャ料理

「ギリシャの料理」オリーブの生産量や消費量が多い。

古代ギリシャと現代のギリシャ料理とほとんど関係ないのが実情で、自らが生んだ子供のようなヨーロッパ諸国や、それのみならず異文化であるムスリム文化圏のトルコの食文化の影響されています。
モンテネグロ料理

「モンテネグロの料理」パンと肉料理がよく食べられる。

日本でもおなじみのフランスパンやクロワッサン、バターロールなどはもちろんのこと、「ブレク」と呼ばれるトルコ発祥のパンやソーセージやジャムが入ったパンなど、種類も豊富です。
オランダ料理

「オランダの料理」濃厚なスープや煮込み料理が多い、

オランダ人の主食は、パンやジャガイモなどです。ライ麦パンやマッシュポットなどが、オランダ人にとってはなくてはならないものなんですよ。メインディッシュには、主に濃厚なスープや煮込み料理などが食べられています。オランダは冬の期間がとっても寒いので、身体を温めてくれるスープ類は必須なんですね。
スウェーデン料理

「スウェーデンの料理」家で過ごす時間を充実させるための工夫が料理にも活かされる。

スウェーデンをはじめ北欧諸国は、寒い冬の時期が多いため1年を通して室内で過ごす時間がとても多いのが特徴です。そのため、家で過ごす時間を充実させるための工夫が生活の随所に見られるんです。インテリアやデザインが発達しているのもそのためなんですね。
アゼルバイジャン料理

「アゼルバイジャンの料理」南コーカサスにある歴史的背景の影響を受ける料理。

アゼルバイジャン国内は、カスピ海沿岸エリアと大コーカサス山脈エリア、中央平原エリアという3つのエリアに分かれており、各エリアにさまざまな文化が花開いています。そんなアゼルバイジャンは、豊かな食文化が根付いていることでも知られています。
ドイツ料理

「ドイツの料理」ドイツは小さな国々が集まった連邦国家でした。

ドイツは南部をのぞいて、大部分が寒冷な土地となっています。日本の北海道よりも緯度が高く、寒い時期は日本と比べると長いです。そのため、ヨーロッパ南部のフランスやイタリアに比べて食材は豊富ではありませんし、冬は食糧不足が発生します。その、食糧不足を防ぐために、漬けものなどの保存食が発達してきました。
リヒテンシュタイン

「リヒテンシュタインの料理」中欧とアルプス地方の食文化が融合した料理が食べられる。

人口の約9割は、ドイツ系のアレマン人です。リヒテンシュタインの国家元首は公爵で、ヨーロッパの君主の中でもっとも資産が多いのが特徴です。リヒテンシュタインはタックスヘイブンであることからも海外の企業が多く進出しており、そのため国の税収が多くなっているという特徴があります。