欧州料理

ポルトガル料理

「ポルトガルの料理」素材の味を活かしたもの料理が多い。

ポルトガル料理の特徴は、素材の味を活かしたものが多いということです。ヨーロッパの料理といえば、フランス料理に代表されるように濃厚なソースを使ったものも少なくありませんが、ポルトガル料理は素材の味を引き出したものが中心です。
ポーランド料理

「ポーランドの料理」肉と野菜をじっくりと煮込んだスープやシチュー料理が多い。

歴史ある東欧の国、ポーランド。ショパンやキュリー夫人の故郷であることでも知られているこの国では、中世の趣を今に伝える旧市街地や古城、木造教会群など美しい景観を楽しむことができます。
セルビア料理

「セルビアの料理」オリーブオイルをはじめ、ピーナッツオイルが特徴。

セルビア料理が初めて文書によって記録されたのはカタリナポポヴィッチによって1877年に書かれたビッグセルビアクックで、その後、1907年にSpasenija PataMarkovićによって書かれたPata's Cookbookと言う本はベストセラーを記録し、現代も出版されています。
デンマーク料理

「デンマーク料理」酪農国家で豚肉や乳製品を使った料理が多い。

デンマーク料理は酪農国家ということもあり豚肉や乳製品を使った料理が多くあります。デンマークの料理は基本的に温かい料理は1日3回食べるうちの夕食のみが多く、朝食、昼食は軽食で済ませてしまうのが基本的です。
ロシア料理

「ロシアの料理」厳しい寒さに耐えるため暖かいスープ料理が多くあります。

ロシアの主食は黒パンやグレーチカ(蕎麦みたいなもの)、むぎ、じゃがいも、お米と多種あります。ロシア料理はロシアの気候や風土や農民文化を反映し、保続食を使った料理が作られています。様々な種類の料理があり、それは多様な文化があると言われているからです。
スイス料理

「スイスの料理」歴史的な農業国であり、伝統的なスイス料理は素朴。

スイスは歴史的な農業国であり、伝統的なスイス料理は素朴で、ジャガイモとチーズのような質素な食材で作る傾向があります。スイスには多くの地方料理があります。細切りの仔牛肉とマッシュルームをクリームソースで煮込んでレシュティを添える料理、ツュルヒャー・ゲシュニッツェルテスがあります。
ボスニア・ヘルツェゴビナ

「ボスニア・ヘルツェゴビナの料理」オスマントルコが広めたトルコ人ムスリムの料理の影響を受ける。

各民族が集まる首都サラエボでは同じ名前の料理でもさまざまな食材でアレンジされたものを出す店が存在しています。トルコ料理の文化に染めあげられた国ですが、一方で民族どうしで食文化や風習の違いがくっきりと色分けされているため、使われる食材のバリエーションが多数存在しています。
ルーマニア料理

「ルーマニアの料理」トルコ料理の影響が比較的少ないことが特徴。

18世紀にオスマン帝国領からハプスブルク家のハンガリー王国領となったという歴史を持っており、他のバルカン半島諸国とは異なった歴史的経過を経たことから隣国の旧ユーゴスラビア諸国やブルガリアと比べ、トルコ料理の影響が比較的少ないことが特徴です。
エストニア料理

「エストニアの料理」歩んできた歴史が濃縮された料理

エストニア料理は隣り合うフィンランドやスウェーデンなどの北欧の料理だけではなく、全体的に見てドイツの料理の影響を強く受けています。そんなエストニア料理のよく使う食材や代表的な料理を紹介します。
アイスランド料理

「アイスランドの料理」食材としてサメを使っている。

豊かな自然の中でのびのび育った羊のラム肉や、タラ、手長海老など、おいしいグルメがたくさんあります。海鳥やサメなど、ちょっと変わった動物が食材として使われているのも、他国と違いユニークです。