アフリカ料理

ソマリア料理

「ソマリアの料理」イスラムの戒律に則ったものが食べられています。

アフリカの東端に位置するソマリアは、その地形から「アフリカの角(つの)」と呼ばれています。エチオピアと隣接し、また古くから交易の中継地として栄えていたため、ソマリア料理もエチオピア、イエメン、イラン、トルコ、インド、イタリアなどの国からの影響を受けて発展してきました。
ガーナ料理

「ガーナ料理」チョップバーと呼ばれる食堂や、屋台でご飯を買って食べることが多いです。

ガーナではチョップバーと呼ばれる食堂や、屋台でご飯を買って食べることが多く、まちのあちこちで、ご飯を手で食べている光景を見ることができます。どの料理も200円程度でお腹いっぱいまで食べることができ、大食漢には天国のような国です。
ジンバブエ料理

「ジンバブエの料理」古くから食べられている伝統的な食事が多いです。

ジンバブエはアフリカ大陸の南部に位置し内陸国です。魚はあまり出回る事もなく食べられません。お肉は小さなスーパーで購入したり、野菜や豆といったものは路面店で売られている事が多いです。
コートジボワール料理

「コートジボワールの料理」新鮮な食の宝庫、フランスの影響をうける。

食文化という面から見てもコートジボワールはフランスの植民地だったこともあり食はフランス料理の影響を強く受けています。そのため豆を煮込んでいたり、スープ系だったりとどこかフランス料理を思わせるメニューが食事の中に出てくることも多いです。
リベリア料理

「リベリアの料理」1800年代にアメリカから解放された黒人たちが創った国の料理です。

西アフリカにある「リベリア共和国」。1800年代にアメリカから解放された黒人たちが創った国です。リベリアには、クペレ族,バサ族,グレボ族などを中心にさまざまな民族が生活しています。
スーダン料理

「スーダンの料理」料理文化の十字路になっている。

スーダンはとても豊かな食文化を持っています。スーダンの東側は紅海に面していることから交易路としても機能していた過去があり、外来文化の十字路として商人や移住者らが常に外より食文化などを伝えていました。
ギニア料理

「ギニアの料理」米やキャッサバやヤムイモやとうもろこしの加工品が主食です。

ギニアの主食は主にお米やキャッサバやヤムイモやとうもろこしの加工品が使われています。ギニアの食生活は日本とはだいぶ異なっており、1日に1度まとめて料理をしたら3食同じものを食べるという食文化があります。
シエラレオネ料理

「シエラレオネの料理」西アフリカ式の食文化が主流であることが特徴です。

シエラレオネ料理は西アフリカ式の食文化が主流で、ご飯と一緒に食べるシチューなどの煮込み料理がよく食べられています。主食がお米ということもあり、ご飯にかけて食べる料理が多くあります。シエラレオネの料理はガーナ料理やナイジェリア料理などと共通する料理が多いです。
チュニジア料理

「チュニジアの料理」アラブとイタリア、トルコの食文化混じり合った料理。

カルタゴ料理の歴史を整理すると南ヨーロッパ(特にイタリア)はローマ帝国による吸収、アラブは7世紀ごろのアラブ勢力の侵攻、そしてトルコについてはオスマン帝国による吸収に影響を受けています。
エジプト料理

「エジプトの料理」アエーシと呼ばれる薄焼きのパンが主食です。

エジプトで主食となっているのが、パンです。パンと言ってもフランスパンやクロワッサンのようなものではありません。エジプトでパンと言えば、「アエーシ」と呼ばれる薄焼きのパンが主流です。