アジア料理

スリランカ料理

アジアングルメ紀行のレトルトカレーシリーズを紹介します。

アジアングルメ紀行は、ハチ食品が販売するレトルトカレーシリーズです。その名の通り、アジアン風のレトルトカレーです。現時点でこのシリーズでは4種類のレトルトカレーが販売されていますが、その中の3種類をご紹介します。
パキスタン料理

「パキスタンの料理」ロティ〈パン〉、チャワル〈米〉、サブジ〈野菜〉、ゴシュト〈肉〉で構成

イスラム教を信仰している国民が大半を占めるため、多くのパキスタン人はイスラム教で清浄とされた〈ハラール〉の肉だけを食べます。豚肉は一切食べず、ハラールのチキン、ヒツジ、牛肉を使用し、ケバブやティッカ〈香辛料で味付けした肉〉、コルマ〈カレー〉、カラヒ〈水分のないカレー〉、プラオ〈肉入りご飯〉、ビリヤニ〈肉入りの炊き込みごはん〉、コフタなどの料理を食べています。
カンボジア料理

「カンボジアの料理」全体的に甘めの味付けであまり辛くないのが特徴

隣国にベトナムやタイがあるカンボジア。ベトナムやタイ料理は有名ですがカンボジア料理と聞いても味の想像があまりつかないですよね。唐辛子をたっぷり使った料理もありますが、全体的に甘めの味付けであまり辛くないのが特徴です。
ミャンマー料理

「ミャンマーの料理」隠れた魅力に迫る

基本的に主食は米です。これは日本を含めアジア地域の共通であり、ミャンマー料理も例外ではありません。また基本形式も一汁三菜の日本のスタイルに近く、主食の米に副菜を数種類と言うもので、日本人から見ても得意な印象は少ないと言えます。
モンゴル料理

「モンゴルの料理」想像以上にレパートリーの多い料理

モンゴルは遊牧民の国からスタートしただけあり、畜肉を中心に肉料理が多いというイメージがあります。しかし、実際は肉料理以外にも近隣の国の影響を多分に受けた料理も多く、想像以上にレパートリーの多い料理があるのです。
ネパール料理

「ネパール料理」インドと中国の影響を強く受ける

ネパールの料理はカレーをベースとした料理でありながら近隣の中国などの影響で餃子のような小麦の皮で包んだ料理などもあります。そういった特徴のため、日本人にもなじみやすい雰囲気を持った料理が多いという傾向です。
ラオス料理

「ラオスの料理」メコン川が育む料理の特徴

メコン川が流れていて、農業をするために適した環境が整っているため、食材が豊富です。気候は乾季と雨季がはっきりとしており、乾季には野菜などの栽培を行い、雨季に稲作を行います。
インドネシア料理

「インドネシアの料理」日本人の口にも良く合う味付けを持つ

インドネシアには、約17,000のも島々が集まっております。そのため、島ごとに調理も少し違います。島それぞれの個性的な味付けに、中華やフランスのテイストを取り込んで、スパイシーかつ優しい甘みを感じさせる料理が多いです。
マレーシア料理

「マレーシアの料理」アジア屈指の美食大国

さまざまな民族が集まるマレーシアは、アジア屈指の美食大国といえます。マレー料理、中華系料理、ニョニャ料理、インド系料理が集結し、味もシュチュエーションも多種多彩です。スパイシーなサンバルソースで食べるナシ・レマのほか、ラクサやチキンカレーが定番です。イスラム教徒の戒律にのっとったり、豚肉を使用はしません。
タイ料理

「タイの料理」個性的なナンプラーと使われる食材

私たちにっとてタイ料理のイメージといえば「辛い」「独特の風味が強い」といわれる事が多いですが、辛さを引き出すために使用される食材は主に唐辛子であり、また独特の風味を出す食材としてはパクチーなどのハーブがポピュラーです。