中国料理

中国料理

「中国の料理」北咸・東酸・西辣・南淡から構成される

中国料理とは、中国で生まれた料理の総称を言います。地方ごとにいろいろな種類がありますが、有名なのは中国4大料理と言われる北京料理・広東料理・四川料理・上海料理です。名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。「北咸・東酸・西辣・南淡」という言葉があるくらい、それぞれ違う特色を持つ料理です。
アジア料理

「北京料理」八大料理系統の山東料理の中の1つ

北京料理は八大料理系統の山東料理の中の1つです。歴代中国王朝が現在の北京を首都とさだめた後の北京貴族の宮廷料理や、北京市民の家庭料理、屋台で提供される郷土料理のことを指します。
アジア料理

「八大菜系」広大な国土をほこる中国の料理の分類

「八大菜系」には山東菜系、四川菜系、江蘇菜系(こうそ)、広東菜系、安徽菜系(あんき)、湖南菜系、浙江菜系(せっこう)、福建菜系の八つのことを指します。中央から多くの人材がお抱えの料理人を連れて地方の役人になった故、全土にそれらの料理が広まったとされている。
アジア料理

「上海料理」醤油を使った甘辛く濃厚な味付けの料理が豊富

四大中華料理のひとつである上海料理は、アジアで最大級の面積を誇る中国大陸の上海地方を中心に親しまれていて、中国料理の江蘇料理〈淮揚料理〉の菜系に含まれる代表的な郷土料理です。
アジア料理

「麻婆豆腐の起源」代表的な四川料理

料理を美味しく作る上で、欠かせないものとされている7つの味覚があります。7つの味覚とは、甘味、酸味、辛味、苦味のほか痺れや香り、塩味も含まれます。この7つの味覚がバランスよく、組み合わされることで、私たちは美味しいと感じているといわれます。
アジア料理

「広東料理」食は広州にあり。日本人にも馴染みの深い味わい

「食は広州にあり」と昔から言われているように、海に近くて海産物に恵まれているだけではなく、広州は貿易港があるので古くから海外との貿易も盛んでした。広東料理は広州料理と順徳料理、東江料理や潮州料理に分類することがあります。