中東料理

イラン料理

「イランの料理」果物や香草は食材と使用される他に保存食としても使用。

イランでは甘酸っぱい味付けも特徴で、酸味のある果物を使われていることも多いです。おもてなしをする際は大皿に料理を盛り付けるのが一般的です。宗教上の関係でイランでは豚肉を食べる習慣はなく、主に羊肉や牛肉、鶏肉が使われています。お酒も宗教上飲むことが禁止されているところもあります。
クエート料理

「クエートの料理」ペルシャ湾の新鮮なシーフードを用いる

代表的な料理はペルシャ湾の新鮮なシーフードを用いたものが多くありますが、それ以外のものとして今紹介したバスマティ米をスパイスで味付けし、鶏肉または羊肉で調理されたビリヤニ、カブサ(マックブー)と呼ばれるパエリアのような米料理です。
シリア料理

「シリアの料理」貿易によって流入した様々な食文化が融合

シリア料理は沿岸の地中海の気候や宗教の影響を強く受けた料理となっています。ローマ帝国の影響を受けたローマ料理がシリア料理の原型となっており、パン、肉、ビールなどが伝わりました。
トルコ料理

「トルコの料理」東西の食文化が混じ合う

トルコは中央アジアにルーツを持つ国なので、他の中央アジアの食文化と同じく肉料理は羊を大変重宝しています。トルコ料理では羊は肉を取るだけでなく、内臓も含めて頭から爪先まで全て食材になり、骨もスープや煮物のダシになる、捨てる所のない食材です。
イラク料理

「イラクの料理」歴史は1万年前まで遡れる

イラク料理は、シュメール人、アッカド人、バビロニア人、アッシリア人、古代ペルシャ人などによって編み出されその歴史は1万年前にさかのぼることができます。イラク料理の古さを物語るものとして、イラクの古代遺跡で見つかった書板は、宗教祭の期間中に寺院で作成されたレシピを示しているものが発見されました。
レバノン料理

「レバノンの料理」古代の料理の流れを現在まで汲む

レバノン料理は、中東諸国やトルコ料理の影響を多分に受けていますが、特に野菜を多用した料理の多さが特徴です。レバノン料理は、中東諸国やトルコ料理の影響を多分に受けていますが、特に野菜を多用した料理の多さが特徴です。
オマーン料理

「オマーンの料理」昼に一番豪勢な食事をとる

オマーン料理はオマーン国内の地域ごとに違いがあるものの、香辛料、肉、米、野菜を使用するという点は共通しています。また、一日の中では昼が一番豪勢な食事が出され、夕食は軽食で済ませることが多いです。
カタール料理

「カタールの料理」伝統的な遊牧民の食べ物が多い

カタールの伝統的な料理は、他のアラビア半島の諸国と同じように、遊牧民の食べ物です。それにレバノンなどのアラブ料理がプラスされています。羊(ラム)や時にはラクダ、お米、なつめやしの実、ヨーグルト。また海に面しているためロブスターやカニ、エビが食材となります。
イスラエル料理

「イスラエルの料理」世界中に散らばったためユダヤ人から生まれた

ユダヤ人は二千年にも渡って世界中に散らばったため、世界各地の料理と食文化を吸収することになったのです。それゆえ、イスラエル料理はまさに世界中の食文化のごった煮状態なのです。
アラブ首長国連邦(UAE)

「アラブ首長国連邦の料理」アジア人労働者層の食文化が混ざり合う

砂漠の遊牧民で肉と乳とデーツというナツメヤシを作って食べ、漁村で魚を釣りをし食材を確保していました。しかし単に砂漠と海の食事のみならず、陸の近隣であるイラクのアラブ料理や、海を渡った近隣のイランの料理が基礎背景にあります。