「中国の料理」北咸・東酸・西辣・南淡から構成される

中国料理

中国料理の概要

中国料理とは、中国で生まれた料理の総称を言います。地方ごとにいろいろな種類がありますが、有名なのは中国4大料理と言われる北京料理・広東料理・四川料理・上海料理です

名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。「北咸・東酸・西辣・南淡」という言葉があるくらい、それぞれ違う特色を持つ料理です。

どんな違いがあるのでしょうか?

北京料理

北京料理は、当時の宮廷料理が発祥と言われています。中国貴族が食べてきた料理とあって、豪華な見た目や装飾、高級食材を使うことが多いです。

代表料理として、高級なイメージのある「北京ダック」が挙げられます。アヒルを丸ごと焼いているインパクトのある見た目が、北京料理らしい見栄えですよね。北の寒い地域になるほど塩味が強くなる特徴があります。また、長ネギやニンニクなどの香りを楽しむような味付けにもなっています。

広東料理

「食は広州にあり」と言われるほど食が発達した地域の料理です。気候の暖かい地域であるためいろいろな野菜が採れたり、海も近いので魚介類も豊富です。

また、中国では早くから海外貿易が盛んだったので、海外のめずらしいものがたくさん流通していました。食材の幅広さは中国料理イチです。

味付けは、素材の味を生かしたさっぱり薄味が基本的になっていて、火を通しすぎないように調理しています。代表的なものとして「酢豚」や「八宝菜」、「シュウマイ」など日本の家庭で親しまれている料理が多数あります。

四川料理

四川料理は、中国西部にある地域の料理です。

四川料理の特徴といえば香辛料を使った辛さですよね。これは四川料理が生まれた地域の気候が関係しています。四川省は中国西部にある盆地です。夏は気温も湿度も高く、冬は寒いのが特徴です。

そのような気候にも対応できるよう、汗をかいて体調を整えることのできる香辛料を使った料理が発達していきました。

代表的な料理は、「麻婆豆腐」や「坦々麺」などの香辛料を使った辛い料理が挙げられます。日本で食べる麻婆豆腐とは違う、舌がピリピリするような辛さがクセになるようです

上海料理

上海は東シナ海が近いので海産物が豊富に獲れる地域です。また、長江にも面しているので淡水魚もたくさん獲れます。

暖かい気候なので米の産地としても有名で、米を使った料理も多く見受けられます。

味付けは酒や醤油、黒酢をたくさん使うので、コクのある甘さが特徴です。代表的な料理として「上海蟹」が挙げられます。上海蟹は長江下流で取れる淡水蟹で10〜11月が旬です。茹でたり蒸したりして食べるのが主流です。

中華料理は中国料理?

「中華」料理とはまた違うの?と思う人もいるでしょう。「中華」料理は日本人向けにアレンジが加えられた中国料理のことを言います。

例えば「天津飯」ですが、実は天津飯は中国にはありません。日本の中国料理店が発祥と言われています。天津という地域が中国に存在するので、発祥なのかなと思いますよね。このように日本にしかない中国料理が、実はたくさん存在するのです。

一方「中国」料理は中国で食べられている本格的な料理のことを言います。なので、全くの別物と思っていいでしょう。

日本ではあまり口にしない食材

日本ではあまり口にしないけど、中国ではよく使われる食材があります。一部をご紹介します。

アヒル

日本ではあまり馴染みのないアヒルですが、中国ではいろいろな食べ方があります。

代表的なのは「北京ダック」でしょう。アヒルを丸ごと焼く料理で、よく日本にある中国料理店でも提供しているので日本人にも馴染みがあるでしょう。しかし、アヒルを使った料理はたくさんあります。

例えばアヒルの舌を使った料理があります。日本ではゲテモノとして扱われていますが、中国ではよく食べられています。醤油で煮込んだり、揚げてスパイスで炒めたり、調理法はさまざまです。他にもアヒルの首や砂肝、腸など、食べられないところはないというくらいにいろいろな部位を食します。

また、「ピータン」という食材の名前を聞いたことある人もいるかもしれませんが、あれはアヒルの卵からできています。作り方は、アヒルの卵を灰や木炭、塩などと一緒に粘土で包み発酵させます。見た目にインパクトがありますが、栄養価の高い食べ物です。

淡水魚

中国は国土が広く、海が遠い地域もたくさんあるので淡水魚がよく食べられています。日本ではあまり聴き慣れない魚の名前がたくさんあります。

中国でよく食べられる淡水魚「草魚」「ハクレン」「青魚」「コクレン」を中国では合わせて「四大家魚」と呼びます。この魚たちは、草を入れるだけで食物連鎖がおこり簡単に4種が育つそうで、池や沼で養殖されています。

餃子といえば水餃子

日本の家庭でもお馴染みの餃子ですが、日本の場合は焼き餃子が主流ですよね。しかし、中国の場合は水餃子が主流です。もちろん焼き餃子もありますが、そんなには食べないようです。

中国の餃子には具としてニンニクやニラを入れる習慣がなく、白菜と豚肉のみというのが多いようです。

また、日本ではごはんのおかずとして餃子を食べますが、中国では主食として食べます。餃子の発音が子を授かるという意味の「交子」と同じなので、縁起の良い食べ物として扱われています。

広大な土地を持つ中国にはたくさんの料理がある

ひとことで中国料理と言っても、広大な土地を持つ中国にはたくさんの料理があることがわかりますね。気候や土地が違うだけで、生み出される料理もさまざまです。

中国にしかない料理もありますし、日本でも馴染みのある家庭料理の定番のような料理もあります。いつも食べている中国料理がどこの地域の料理なのか、考えながら食べてもおもしろいかもしれません。

中国の長い歴史に想いを馳せながら食べてみてください。

コメント