「グアテマラの料理」マヤの先住民の伝統料理とスペインの影響を受ける。

グアテマラの料理

グアテマラ料理の概要

グアテマラはメキシコのお隣にある中米の国です。

グアテマラとは「木々の土地」を意味し、国土の多くが山岳地帯となっています。コーヒー豆の産地としても有名ですね。

グアテマラには「人は神によりとうもろこしから創造された」という神話があり、主食はとうもろこしです。

メキシコと同様にとうもろこしから作ったトルティーヤも食べられています。

グアテマラ料理の特徴

グアテマラ料理は、マヤの先住民の伝統料理の他、スペイン統治の影響を受けたものもあります。また、主食であるとうもろこしと、米や豆など炭水化物をふんだんに食べるのも特徴です。

朝晩はパンやとうもろこしで作った主食、卵、豆が定番でチーズを添えることもあります。昼食は煮込み料理などのおかずと共に、主食と米料理などを食べることが多いようです。

朝晩を軽めにとり、昼食をしっかり食べるのが一般的です。

グアテマラ料理といってもあまり馴染みがない方が多いと思いますが美味しいものがたくさんあるのでご紹介して行きます。

グアテマラでよく食べられている食材

主食のとうもろこし

とうもろこし粉は「マサ」と呼ばれ、それを練って、焼いたり蒸したりしたものがよく食べられます。

日本の主食であるお米も食べますが、主食としてではなく、他の具材と炒めたり煮込んだりして、野菜のように食べられるようです。

インゲン豆を煮たものが国民食となっています。豆は腹持ちがよく、安価であることもあり、よく食べられているようです。

煮込んでペースト状や半ペースト状にしたものや、黒豆を使ったシチューにして食べられます。

肉類

肉類では鶏肉が最もよく食べられています。

その他にも牛肉、豚肉が食べられるようです。日本と同様に鶏肉が一番安く売られているようで、グアテマラの人は鶏肉をとても好んで食べているようです。

炭火で焼いたお肉や、フライドチキンのようなものが定番の料理です。焼いたお肉を、煮込んだインゲン豆と食べたり、煮込み料理に入れて楽しまれています。

また、地域によっては鹿肉やイグアナ、アルマジロなども食されています。

グアテマラの朝食には目玉焼きやスクランブルエッグ、卵焼き、ゆで卵などの卵料理がよく食べられます。

卵と豆、そして主食が朝食の定番です。夕食も同じような軽めの食事であることも多いようです。

グアテマラの代表的な料理

グアテマラで食べられている主食についてや、様々な伝統料理、屋台料理をご紹介します。

トルティーヤ

グアテマラの主食であるとうもろこしの粉を練って平たく叩いて伸ばし、焼いたものです。

とうもろこしの成熟具合によって色が変わり、白・黄・黒があります。それぞれ味や甘みが違い、黒が一番甘みがあるようです。赤のとうもろこしもありますが、珍しいものだそうです。

そして、日本で馴染みのあるメキシコのトルティーヤよりも厚みがありもっちりしているのが特徴です。

このトルティーヤを揚げた「トスターダ」もあり、トルティーヤと同様に様々な具を乗せたり、アボカドのペーストを塗って食べるそうです。

タマル(タマレス)/チュチート

練ったとうもろこしの粉をバナナの皮で包んで蒸した(または茹でた)ものです。お米をすり潰して使って作ることもあるそうです。

また、肉やトマト、じゃがいもなどの野菜や干しぶどうを入れて蒸したものもあります。各家庭によって様々なレシピや具材があります。クリスマスや新年のお祝いごとの際には必ずといっていいほど食べられます。

一方、チュチートは同じくとうもろこしの粉の生地をとうもろこしの葉で包んで蒸したものです。トマトソースを包んであることも多いようです。おやつとして楽しむこともあります。

フリホーレス

インゲン豆を煮たものです。

あんこのように砂糖を入れずに料理するので、甘い味付けではありません。ニンニクや玉ねぎなどと煮込まれており、塩気のある味付けです。

こしあんのように潰したものと、つぶあんのように粒を残したものとがあります。

グアテマラではとてもよく食べられており、一日に二度三度食べる家庭もあるようです。まさに国民食と言える食べ物です。

ぺピアン

鶏や豚などの肉と野菜、そしてかぼちゃの種を炒ってすり潰したもの、それにローリエなどの香辛料を煮込んだ料理です。

シチューやカレーのようなイメージです。グアテマラではあまり辛い香辛料は使われないため、マイルドな味わいなのが特徴です。

とても手間がかかるので、日常的に食べるというよりは人が集まったときなどに作って食べらることが多いようです。誕生日や結婚式、葬式の際にも良く登場します。

セビーチェ

海老や貝などをマリネしたシーフード料理です。

ウスターソースが入っているのが特徴で、レモンをたっぶり絞った酸味のある味わいです。ビールなどのおつまみにぴったりで、クラッカーに乗せて食べるのが一般的です。

カキック

伝統料理である骨つきの七面鳥のスープです。

トマトやにんにく、唐辛子をベースとしています。香草の香りがし、少しピリ辛です。専用の土器で食べるのが伝統で、タマルやトルティーヤと一緒に食べます。

チレ・レジェノ 

日本でいうピーマンや唐辛子のような野菜に肉詰めし、卵をつけて揚げた料理です。

グアテマラで最も一般的で人気のあるな屋台料理です。詰めるのは肉だけでなく、ツナやチーズなどもよくあります。レストランにもありますが、屋台で買うとリーズナブルに楽しむことができます。

ポジョ・フリト

ポジョ(鶏)フリト(揚げる)で、つまりフライドチキンです。屋台をはじめとして様々なところで食べることのできるとてもポピュラーな庶民料理です。

ドゥルセ・デ・レチェ

ミルク、砂糖、コーンスターチを煮たものです。液体状のキャラメルのような見た目で、練乳のような味わいです。 ケーキに使われたり、アイスやプリンに添えて楽しみます。

その他にもグアテマラにはスペインから入ってきたお菓子がたくさんなります。ココナッツや果物を使った甘いものが多いようです。

コメント