「ハンガリーの料理」内陸の国ですが、豊かな農地に恵まれていて食材が豊富です。

ハンガリー料理

ハンガリー料理の概要

中央ヨーロッパのハンガリーは海に面していない内陸の国ですが、豊かな農地に恵まれているため、料理には様々な食材が用いられます。さらにオーストリアをはじめとする周辺諸国からの影響もあり、様々な料理が楽しまれています。

ハンガリー料理の特徴

ハンガリー料理は肉と野菜が中心。さらに唐辛子もよく用いられる食材です。唐辛子を用いる料理は辛いものが多い反面、香辛料のパプリカを使用するものも多く、色は赤いけれどそれほど辛くない料理も珍しくありません。

ハンガリー料理の主食

ハンガリー料理の主食となるのがパンですが、その中でも「パラチンタ」と呼ばれる料理も愛されています。パラチンタとは、クレープに似た薄いパンケーキのこと。
パラチンタは日本のようにジャムやクリーム、チョコレートソースのように甘い味付けのデザートとして食べるだけでなく、ハムなどを包んで主菜として食べたり、具材を包んでソースと合わせたり、数枚のパラチンタを使用してミルフィーユ風に仕上げるなど様々な楽しみ方があります。

ハンガリー料理のスープ

ハンガリー料理で有名なのがスープです。ハンガリー料理のスープには地方によって様々な特色があります。肉だけのものや野菜だけのもののほかにも、川魚を使ったものなども有名。ハンガリーでは、ドナウ川とティサ川という大きな川がありますが、それぞれの沿岸では異なる調理法が用いられるなど、郷土色が豊かな料理です。
また、果物を使い冷たくして楽しむスープなど非常にバラエティに富んだメニューもあります。

ハンガリー料理の食材

ハンガリーで特に有名な食材がマンガリッツァ豚とフォアグラです。

マンガリッツァ豚

マンガリッツァ豚はハンガリーで国宝の指定を受けている豚です。非常に数が少なく、貴重な食材としてハンガリーで愛されています。

霜降りの率が高く、豚肉というよりも牛肉によく似た肉質で、脂質が低温で溶けることもあり、調理しても柔らかく楽しめることが特徴です。

フォアグラ

高級食材として知られているフォアグラはどちらかというとフランス料理というイメージがありますが、実際にはハンガリーはフォアグラ生産が世界一です。

そのため、ハンガリーではフォアグラが比較的リーズナブルな価格で楽しまれています。

ハンガリー料理の食事

ハンガリーでも日本と同じように一日三食が一般的。ただしその内容は日本とは大きく異なっています。

ハンガリーの朝食

ハンガリーでは朝食はたっぷりと食べるのが一般的。パンやバターだけでなく、様々な種類のチーズや、ハム、ベーコン、サラミなど様々な肉類がテーブルに並びます。特にソーセージは種類が豊富。これらの肉とパンを合わせてオープンサンドイッチとしても楽しまれます。

さらに、祝日や休日といった特別な日には「ヴィヤーシュレッゲリ」と呼ばれる朝食メニューが食べられています。

「ヴィヤーシュレッゲリ」は、詰め物をした卵料理の「デビルドエッグ」、冷たいサラダ、ステーキ、パンケーキ、キャビア、フォアグラといったディナーコースのような料理を提供することもあります。

ハンガリーの昼食

ハンガリーでは、三食の中でも昼食が最も重要だと考えられています。

通常は一皿ではなく、前菜、スープ、主菜などが順番に提供されます。また、先ほど紹介したクレープに似た「パラチンタ」も、昼食の主菜メニューとして登場します。

その他、昼食の後に「ウソンナ」と呼ばれる軽い食事を楽しむこともあります。

ハンガリーの夕食

ハンガリーの夕食はどちらかといえば軽め。オープンサンドイッチやホットドッグ、ヨーグルト程度で済ませる人も多く、どちらかといえば日本の朝食のような感覚です。また、食後にデザートを食べることもあまりありません。

ハンガリーの代表的な料理

それでは、ハンガリーの代表的な料理とはどのようなものなのでしょうか。

グヤーシュ

「グヤーシュ」は「羊飼いのスープ」と呼ばれる料理で、ハンガリーの国民食とも呼ばれています。具材となるのは牛肉とジャガイモ、その他の野菜など。さらにパプリカなどの香辛料も加わります。

日本人の感覚ではシチューのような食べ物ですが、ルーや小麦粉でとろみをつけないため、サラリとして軽く食べることができます。

また、伝統的には「ボグラーチ」と呼ばれる大きな釜で作られる、日本の「芋煮」のように楽しまれることもあります。

ハラースレー

グヤーシュは肉のスープでしたが、それに対して「ハラースレー」は魚のスープです。ハンガリーは海がない内陸の国なので、具材にはナマズやチョウザメ、コイなどが用いられます。新鮮な魚を使うことと、香辛料などを使うことため、臭みなどが気になることもありません。

また、ハラースレーは地域によって味付けや使用するスパイスが異なるのも特徴ですが、一般的には辛く仕上げることが多いため、辛いものが苦手という方は注意したほうがよいでしょう。

テルテッドパプリカ

「テルテッドパプリカ」は、パプリカの中にひき肉や米、スパイスなどの具材を詰めた料理です。パプリカはハンガリー料理でもっともよく使われる野菜で、その種類は150以上もあると言われています。

レチョー

「レチョー」はパプリカを中心に、トマト、タマネギなどの野菜を使用した煮込み料理です。「ハンガリー風ラタトューユ」と呼ばれることもあり、トマトが豊富な季節に作り、瓶詰にする保存食としても食べられています。

レチョーには野菜だけのものもありますが、ソーセージや卵が使われるものも人気があります。

ウボルカ・シャラータ

「ウボルカ・シャラータ」はキュウリを使ったサラダです。ニンニクとビネガーを使ったソースを合わせて、仕上げとしてサワークリームを用いることもあります。

ハンガリーの伝統的な料理では生野菜のサラダは珍しく、火を通したり漬物にすることがほとんどですが、その中でも珍しい一品ということができるでしょう。

・メギーレプス

「メギーレプス」はハンガリーのスープですが、メインとなる食材はサクランボ。サクランボと砂糖を煮込み、甘い味付けにしたデザートスープがメギーレプスです。日本人の感覚としてはなかなかなじめないかもしれませんが、ハンガリー人の好物として知られていて、食後だけでなく、食前に食べられることもあります。

コメント