「インドネシアの料理」日本人の口にも良く合う味付けを持つ

インドネシア料理

インドネシアには、約17,000のも島々が集まっております。そのため、島ごとに調理も少し違います。

島それぞれの個性的な味付けに、中華やフランスのテイストを取り込んで、スパイシーかつ優しい甘みを感じさせる料理が多いです。

日本でもなじみのある、チャーハンや焼きそば、焼き鳥などもあり、日本人の口にも合います。とくにチャーハン(ナシ・ゴレン)は味に癖がないので、迷ったらとりあえずナシ・ゴレンを選んでおけば無難です。

インドネシアはイスラム教徒が多いため、豚肉料理はあまり見かけません(ないわけでは、ありません)。鶏肉を使った料理がたくさんあります。

日本人の口によく合う、どの料理も美味しいインドネシア料理はお勧めです。

インドネシア料理で使われる食材

また、海に囲まれた島だけに、新鮮なシーフードを扱う料理が多いです。揚げ魚やスパイス煮などでよく食べます。

インドネシアのたいていのレストランや食堂では、テーブルの上にサンバルが用意されています。

これは、とうがらし、ニンニク、とまと、豆、玉ねぎなどをすりつぶしたものです。これは特製の調味料で、どの料理にも自分の好みの量をかけて食します。

代表的なインドネシア料理

ナシ・ゴレン

インドネシア版のチャーハンです。

ご飯と鶏肉や玉ねぎ、ネギなどを油でいため、スパイスをきかせます。また、目玉焼きを最後にのせます。

ご飯は、日本の米と品種が違い、程よくぱらっとしていておいしいです。

ミー・ゴレン

インドネシア版の焼きそばです。

鶏肉や青菜、玉子などの貝が入っていて、しょうゆ風味が一般的です。柔らかめの麺にすることが多いです。

ソト・アヤム

鶏肉のスープです。

インドネシアで食べるスープの中で一般的な一品です。春雨とゆで卵が入って具沢山です。

サテ

インドネシア版の焼き鳥です。

鶏肉、牛肉、山羊があります。甘辛いピーナッツソースを食べます。

ルンピア

インドネシア版の春巻きです。

鶏肉や野菜が入っています。サンバルやケチャップ・マニッス(甘口しょうゆ)をつけて食べます。

ガドガド

温野菜のサラダです。ゆでた野菜に甘辛いピーナッツソースをからめて食べます。揚げ豆腐が入っています。

カリー・シーフード

インドネシア風のカレーです。香り豊かなカレーに海老やイカ、白身魚がたっぷり入っています。

汁気がないのが一般的です。肉団子をいれることもあります。

イカン・バラド

揚げ魚にサンバルソースをかけたものです。香ばしくあがった魚に、唐辛子やニンニクが風味が添えます。辛いです。

ナシ・チャンプル

インドネシア版のビビンバです。

チャンプルとは、混ぜ合わせるといる意味です。ご飯と数種類のおかずを一緒に盛り付けてあります。それらを、混ぜ合わせて食べます。

ミー・クワ

インドネシア版のラーメンです。

日本のラーメンとは違い、あっさりとした味わいが特徴です。麺はしこしことしたものです。麺の上には野菜がどっさり乗っています。

エビのサイアムスタイル

エビを揚げて、ココナッツ味の甘辛ソースをかけたものです。

ミー・アヤム

麺の上に味の付いた鶏肉と野菜が乗っています。さっぱりした味付けで食べやすです。

ナシ グドゥッ

甘辛い味付けで煮込まれた鶏肉にご飯が添えられています。肉はかなり煮込まれておりやわらかいです。

どの料理にも、味付けに、“味の素”が良く使われています。日本人が、どの料理を食べても美味しさとともに懐かしさを感じるのは、きっと“味の素”のおかげでしょう。

代表的なインドネシアのデザート

ラックラ

米粉で作った焼き菓子です。ココナッツの粉とヤシ砂糖をかけて、甘くして食べます。

ビサン・ラウェ

バナナともち米粉で作ったものです。

ピサン・ゴレン

バナナの天ぷらです。

エス・カチャン・メラ

インドネシア版の氷あずきです。
いわゆるかき氷ではなく、小さく砕いた小売りを使っています。

マンゴーカキ氷

マンゴーがとにかくいっぱいです。ソースもマンゴーのピューレで作っています。
果肉がいっぱいのっていて、最高においしいです。

ナシ グドゥッ

ジャックフルーツ、ココナッツミルク、パームシュガー、その他もろもろのスパイスが入っています。とても甘いです。

代表的な飲み物

コピ・バリ

インドネシアのコーヒーです。
粉と砂糖を一緒に入れて熱湯を注ぎ。粉が沈んだら上澄みを飲みます。

ジュス

インドネシア版のジュースです。
トロピカルフルーツをそのままミキサーにかけたフレッシュジュースです。
果物自体が美味しいので、ジュスは美味間違いなしです。

アラック

バリの地酒です。
ヤシの樹液から作る醸造酒です。アルコール度数が高いので、飲みすぎには気を付けましょう。

テッ

インドネシア版の紅茶です。
ハーブティーなどもあります。
砂糖がたっぷりとはいっていて、とても甘いです。

暑い国の特徴ですが、甘いものは、びっくりするくらい甘いです。
暑さでの疲れを取るためなのでしょう。

コメント