「イランの料理」果物や香草は食材と使用される他に保存食としても使用。

イラン料理

イラン料理の概要

イラン料理はペルシャ料理とも呼ばれています。

イラン料理の特徴は香草や香辛料などでの味付けが基本ということです。果物や香草は食材と使用される他に保存食としても使用されています。

イランでは甘酸っぱい味付けも特徴で、酸味のある果物を使われていることも多いです。おもてなしをする際は大皿に料理を盛り付けるのが一般的です。

宗教上の関係でイランでは豚肉を食べる習慣はなく、主に羊肉や牛肉、鶏肉が使われています。お酒も宗教上飲むことが禁止されているところもあります。

よく使われる食材

羊肉

イランで最も好まれているお肉が羊です。色んな部位を様々な調理方法でたべられており。イランの料理には欠かせない料食材です。

ナーン

イランの主食の一つです。家庭で作るというよりもスーパーや専門店で購入し、使われることが多いです。スープや煮込み料理と一緒に食べられています。

お米

ナーンの他にお米も食べられており、長細いのが特徴です。イランでは現在お米の消費量が増えてきています。

イランのお米は細長いほど美味しいと言われています。細長いお米はパラパラとしており、イランのご飯料理には欠かせません。

代表的なイラン料理

ポロ

イランでよく作られているご飯料理で炊き込みご飯のことです。家庭によって色んな食材が使われており、豆やお肉、果物などと一緒に炊き上げたものです。


甘酸っぱいポロやお肉の味がしっかりついたポロなど様々なポロがイランでは食べられています。おもてなしとしてゼレシュクポロモルグというのもあり、ポロに鶏肉を煮込んだものが1つの皿に乗せられている料理です。

ケバブ

イランの外食でよく食べられている料理です。削ぎ落として食べるタイプのケバブではなく、タレに漬け込んでおいたお肉を焼くのがイランのケバブです。

ケバブは白いご飯と一緒に食べられており、一緒に香草やライムなどが付け合わせにあります。付け合わせの香草などを一度全て混ぜてお肉に乗せて食べるのがイランのケバブの食べ方です。

お店により、ケバブの味付けは違い、付け合わせも違うので色んなお店に行って食べられているイランで人気の料理です。

アブグシュト

ひよこ豆や野菜、お肉を煮込んだ料理で、トマトベースで煮込まれています。食べ方が変わっており、中身の具材は添えられるように盛られており、自分で潰して食べる食べ方です。

イランのスープはお肉をじっくり煮込むため、お肉の旨味がしっかり味わうことができます。ご飯やパンと一緒に食べられており、ご飯にかけて食べたり、パンにつけて食べたりしますが特にナーンにつけて食べるのが一般的となっています。

ホレシュテバーデムジューン

野菜と羊肉とサフランをじっくり煮込んで作られた料理です。

日本ではサフランはご飯に使われることが多いですが、イランではスープや煮込み料理に使われている一般的な調味料です。ナスとトマトが一般的には一緒に煮込まれていますが、家庭により様々な具材が使われています。

ドルメ

ロールキャベツような料理でお米や豆、野菜などに香辛料で味付けをしたものを葉っぱで包んで作られている料理です。

ドルメは葉っぱが柔らかい春に食べられている料理です。

家庭で作られている伝統的な料理で、作るのに手間はかかりますがイランの家庭では人気の料理です。ブドウの葉で包まれており、ブドウの風味がほんのり残っており、さっぱり食べることができます。

クーフテ

イラン北部でよく食べられている料理で、羊肉と玉ねぎに香辛料で味付けをして混ぜた料理です。

豆なども混ぜ込まれており、ボリュームある郷土料理です。ミートボールのような料理で、煮込まれているためホロホロと食べることができ、家庭で食べられている料理です。

キャッレパーチェ

羊の頭と足を煮込んだ料理です。

キャレが頭という意味を持ち、パチェが足という意味を持っています。色んな部位を堪能することができるスープでイランでは大人気の料理です。

レストランだけではなく、ご家庭でも作られるほどイランの人に人気の料理です。肉の旨味が凝縮されており、お肉の身はほろほろと柔らかく、脳みそや目玉なども食べられています。

ショレザード

イランの家庭でつくられている代表的なデザートになります。お米で作られているデザートでもちもちとしており、サフランで色付けされて綺麗な色です。

またバラ水で香りつけされており、お祝いの時などに食べられております。家庭によってシナモンなどがトッピングされており、家庭それぞれの味があります。

ズーレミア・バーミエ

イランで断食の時に食べられている甘いスイーツです。日本のチュロスのような生地に甘いシロップをかけたスイーツです。

甘いズーレミア・バーミエは断食した後に食べたくなる料理です。

紅茶

日本でも飲まれている紅茶ですが、イランでは老若男女に愛されている飲み物です。イランではレストランやカフェで紅茶を頼むと砂糖のスティックのような棒が一緒についてきます。砂糖のステイックで紅茶を混ぜて飲むのが一般的です。

ドゥーグ

イラン特有の飲み物でヨーグルトを薄め、炭酸で割ったような飲み物です。味付けは塩とミントのみとシンプルで飲みやすい飲み物です。

サンドビーチェマーグズ

イランの軽食として食べられている料理です。サンドウィッチのようなものではなく。コッペパンのような形のパンに具材が挟まれているのがサンドビーチェマーグズといいます。

このサンドビーチェマーグズの特徴は羊の脳みそを具材に使われていることです。魚の代用品として羊の脳みそが使われ始めたのがきっかけで出来た料理です。羊の脳みそは香辛料で味付けがされており、食べやすいように調理されています。

とろりとした食感で白子のような味わいでイランの軽食として売られています。他の具材も売られていますが、一番の人気は羊の脳みそです。

イランにしかないので観光に来た人が食べにくることが多いのですが、海外の人にも人気の料理です。

コメント