「ラトビアの料理」身が多く風味豊かな料理が多い。

ラトビア料理

ラトビア料理の概要

ラトビア料理は主に魚料理が多く、バルト海で取れる食材を使用されています。ラトビアはバルト三国の影響が料理にも出ており、特にドイツの影響を多く受けています。

農産物はラトビアで作られており、様々な食材が使われています。ラトビア料理は脂身が多く風味豊かな料理が多く作られています。

よく使われている食材

様々な料理に使われていますが、主にパンに使用されたいます。特にラトビアではライ麦パンがよく食べられています。

豚肉

ラトビアではソーセージなどがよく食べられており、それ以外にも豚肉料理が色々使われています。

じゃがいも

ラトビアでは農産物が作られているので、様々な野菜が使用されていますが、じゃがいもはお粥やスープなどに使用されており、そのまま食べられたりもされています。

バルト海で取れる魚をラトビア料理ではよく使われています。年間通して魚は食べられており、魚を貯蔵して冬にも食べられています。

代表的なラトビアの料理

ブラッドソーセージ

豚の血を使ったソーセージのことです。

ラトビアの厳しい冬を乗り越えるために動物を余すことなく大切に全て頂いたというところに由来すると言われています。

血を使用しているソーセージなので少々色は赤黒いのが特徴的です。ラトビアでは大麦などと一緒に詰められています。血を使用しているのでクセが強そうに見えますが、クセもそんなには強くなく伝統的な料理です。

ペリメニ

ダンプリングを使った料理です。ダンプリングとは日本でいう茹でた餃子のことです。

世界中で似た食べ物が食べられていますが、ラトビアではロシアの影響がダンプリングに現れており、皮の中にひき肉などが詰められています。

ペリメニとはダンプリングにサワークリームをつけて食べるものです。軽食としても食べられており、ペリメニを売っているお店がたくさんあり、ラトビアで人気の料理です。

グレイピー

ラトビアでは欠かせない料理の一つで、19世紀にポテトが食べられるようになるまで主食として食べられていました。

ベーコンなどと一緒に炒められたものが一般的で現在ではクリスマスの時期などに食べられることが多くなりました。

クリスマス時期だけではなくレストランなどで年間を通して食べられているほど伝統的な料理です。

ピラグス

スナック感覚で食べられているパンでベーコンが入っています。形が三日月型で特徴的です。

もちもちした食感がラトビアの人達に人気ですが、観光客にも人気の料理です。ライ麦などのように主食ではなくので、子供にもおやつとして食べられています。

スカベツビエシュズパ

日本ではサワービーツスープと言われており、真っ赤な色が特徴的な料理です。ビーツ(赤カブ)をベースに使った料理です。

ケフィールやバターミルク、野菜をふんだんに使用したスープです。温かいスープではなく、冷たい冷製スープで夏に楽しめる料理です。酸味がありさっぱりとしたスープで人気です。

ポークチョップ

ラトビアの定番料理の一つで、豚肉が柔らかくて地元の人から観光客まで人気の料理です。
シーバックソーンベリーやリンゴンベリーが一緒に添えられているのが一般的です。

酸味が効いているので、ポークの脂とマッチしていて美味しいとレストランだけでなく、ファーストフード店などコスパいいと人気の料理です。

カルトゥペルパンクカス

じゃがいもを使用したパンケーキのことで、日本の売っているパンケーキのようにふわふわというのではなく、もちもちとした食感のパンケーキです。

サワークリームをつけて食べるのが一般的でじゃがいもの自然な甘味とサワークリームのほんのりした酸味がすごく美味しいと人気の料理です。

サワークリームだけでなく、グレイビーソースなども一緒に提供されるところもあり、2種類のソースで楽しまれています。

オクローシカ

ロシアの影響を受けてできた料理で、きゅうりを使った冷製スープです。ハーブやクワスなどで味付けされており、酸味のあるスープです。

さっぱりと食べることができるスープで伝統的なスープです。

上記で書いたスカベツビエシュズパの冷製スープのように真っ赤な色はついてないので、パッと見た感じは普通のスープに見えますがハーブがふんだんに使われているので味はとても刺激的です。

ハニーケーキ

ラトビアのスイーツの中でも人気のケーキです。ラトビアではハチミツがよく取れるのでハチミツを使ったお菓子やスイーツがたくさんある中でもよく食べられています。

ハチミツの自然の甘さで作られているので甘すぎず食べることができるので人気のスイーツです。

レストランなどでも提供されていますが、ファーストフード店やスーパーなどにも売っていて、子供から大人にも人気です。観光客にも人気のラトビアで代表的な料理です。

ブラックバルサム

ラトビアで18世紀中ばから飲まれていたお酒です。

アルコール度数が高く一番高いもので45度もあるので割って飲むのがオススメだそうです。低いものでも30度あり、ストレートで飲む人もいます。

24種類もの素材を混ぜて作られており、元は薬用酒として作られていました。現在はアイスやヨーグルトなどにかけてソースのように使う人もおり、ラトビアで人気のお酒です。

お土産としても売られており、観光客にも一度呑んでほしいと言うくらい人気のお酒だそうです。

ブラックカラント

ラトビアで飲まれているジュースです。フランス語でカシスという意味です。カシスを使ったジュースで酸味があり、甘味もしっかりあり料理にぴったりの飲み物です。

レストランでよくブラックカラントは提供されており、お肉料理などにも合うジュースです。

ビエスピエナスィエリンシュ

カッテージチーズクリームをチョコレートでコーティングしたお菓子のことです。近隣国のバルト三国で人気のお菓子です。

ラトビアでも人気でスーパーに売っているので子供のお菓子で人気です。味の種類も様々あり、子供も大人もよく食べるそうです。

コメント