「ナイジェリアの料理」アフリカ全土ではナンバーワンのGDPを誇る国。

ナイジェリア料理

ナイジェリア料理の概要

西アフリカに位置する、ナイジェリア連邦共和国。

アフリカ全土ではナンバーワンのGDPを誇っており、アフリカのリーダー的ポジションにある国のひとつです。

そんなナイジェリアで主要な宗教になっているのが、イスラム教とキリスト教です。
イスラム教では豚は不浄のものとされているので、豚肉を食べるのは禁止されています。

ナイジェリア人の主食は、ヤムイモ、キャッサバイモ、米、トウモロコシなどです。
メインとなるおかずには、スープやシチューなどの煮込み料理がよく食べられています。

全体的にスパイシーで辛味のある料理が多いというのも、ナイジェリア料理の特徴のひとつです。

また、同じ料理であっても部族間で使っている言語によって、その呼び名が大きく異なる場合があるという特徴もあります。

よく使われる食材

ヤムイモ、キャッサバイモなどのイモ類

ナイジェリアで主食になっているのが、ヤムイモ、キャッサバイモなどのイモ類です。

蒸したり炒めたりしたものを練ったりついたりして主食にするほか、フライにして食べることもあります。

トウモロコシ

トウモロコシもナイジェリア料理には、なくてはならない食材のひとつです。

主にトウモロコシからとれるコーンスターチを使って、主食となる「アギディ」(後程紹介します)などを作ります。

ナイジェリアでは、米は炊いたり、餅状にしたりして食べるのが一般的です。トマトベースの炊き込みご飯などもよく食べられています。

トマト

トマトは、ナイジェリアでは頻繁に使われる食材のひとつです。スープやソース、サラダなどによく使われています。

ラム、マトン

ラムやマトンは、ナイジェリアの肉料理に頻繁に使われます。シチューの具材になったり、ローストしたりして食べられます。

代表的なナイジェリアの料理

インニャム(パウンデッドヤム、パウンデッドヤムフフ)

インニャムは、ふかしたヤムイモを臼の中に入れ、餅のようになるまでついた料理です。

マッシュポテトのような食感が特徴で、ナイジェリアでは主食のひとつとして親しまれています。

「パウンデッドヤム」や「パウンデッドヤムフフ」とも呼ばれています。シチューやスープなどのメインディッシュと一緒にいただきます。

アギディ(エコ、カファ)

アギディもインニャムと同様、ナイジェリアでは主食として頻繁に食べられている料理です。

アギディの原料は、トウモロコシからとれるコーンスターチ。このコーンスターチをよく練り、冷やして固めるという方法で作ります。

プルプルとしたプリンやゼリーのような、不思議な食感の食べ物です。シチューなどと一緒に食べたり、辛味のあるソースを塗ったりして食べるのが一般的です。

「エコ」、「カファ」などとも呼ばれます。

ガリ(エバ)

キャッサバイモを乾燥させ、粗めにひいた粉を原料として作るのが、このガリです。「エバ」とも呼ばれています。

ガリは、キャッサバイモの粉を炊き、軽く練った料理です。先ほど紹介したインニャムに見た目がよく似ていますが、味わいは少しだけ違っています。

セモビタ(セモ、セモリナ、セモリナフフ)

セモビタは、メイズ粉という白トウモロコシからできている粉を炊いて、マッシュポテトのようにまとめた料理です。

ひと口目は餅のような歯ごたえなのですが、かじると口の中でクスクスのような粒状になっていくのが特徴です。

スープやシチューなどと一緒に食べるのが一般的です。

トゥオシンカファ

トゥオシンカファは、炊いた米を軽くついて、餅のようにした料理です。日本人にも親しみやすい、素朴な味わいです。

オベアタ(ペペスープ、ペッパースープ)

オベアタは、ナイジェリアの国民食としても知られているスープです。「ペペスープ」や「ペッパースープ」とも呼ばれています。

さらっとしたスープですが、名前から想像できる通りしっかりとした辛味があるのが特徴です。主に、ヤギの肉やモツ、トマトなどをベースにして作られます。

ドロースープ

ドロースープもナイジェリアではよく食べられています。オクラやオグボノ(ワイルドマンゴーの種)を具材にしており、独特の粘り気が特徴です。

モツなどが加えられていることもよくあります。

ヤクワ

ヤクワは、タデ科の植物であるスイバを具材にしたミルクベースのスープです。独特の酸味が特徴です。

エフォリロ

野菜や肉、シーフード、モツなどを煮こんだシチュー料理です。水分は少なめで

エグシスープは、このエグシの種を細かく刻み、ホウレンソウやトマト、タマネギのほか、チキン、スモークした魚、干したザリガニ、キャッサバ粉などを加えて作ります。

ショウガやニンニク、タイムなどをアクセントにきかせます。

ジョロフライス(ジェロフライス)

米をトマト、スパイスなどと一緒に炊き込んだ料理です。トマトやタマネギ、ネギなどをトッピングして食べるのが一般的です。スパイシーなパエリアのようなイメージです。

スヤ

スヤは、ラム肉などにスパイスをしっかりと振りかけ、網焼きにした料理です。生のトマトやタマネギなどを添えて食べます。

スパイスのパンチのある辛味と、肉のやわらかさが絶妙な味わいです。

イドド(ドド)

調理用のプランテーンバナナをフライにしたものが、イドドです。バナナと言えども甘みはなく、フライドポテトのような味わいです。

ほのかに感じられるバナナの風味がポイントです。「ドド」とも呼ばれます。砂糖をつけてデザートとして食べられることもあります。

エワドド

エワドドは、豆とプランテーンバナナを煮た料理です。

アカラ

アカラは、ササゲ(黒目豆)を乾燥させて粉末状にしたものを生地にして作る、揚げパンです。

ファラ

ファラは、ナイジェリアの屋台などでよく見かける食用のトノサマバッタをフライにした料理です。スナック感覚で食べられています。

バナナプディング

ナイジェリアでは、バナナプディングがデザートとしてよく食べられています。こちらはプランテーンバナナではなく、甘みのあるフルーツバナナを使って作ります。

コメント