「ノルウェー料理」ジビエ料理と魚介類を生かしたシーフード料理がとても豊富。

ノルウェー料理

ノルウェー料理の概要

ノルウェーは北欧にあるとても寒い国です。とても寒い国なので農作物の育ちもあまりよくありませんので、食材も日本ほど豊富ではありません。手元にある最低限の食材を上手に生かして食生活を送っています。

ノルウェーには山地と海岸の両方が存在するので超重を材料にしたジビエ料理と魚介類を生かしたシーフード料理がとても豊富です。大自然の恵みをたっぷり受けた郷土料理を楽しむことができます。

ノルウェーでは一年の半分が冬となる為、食材の入手がとても困難です。その為、春、夏になると主婦達は保存食を作るのにとても忙しくなります。

肉を使い干し肉、燻製、塩漬け肉を作ります。そして魚介類は塩漬けや酢漬けにされます。クランベリー等のベリー系の果肉もジュースやジャムにして保存されます。

ノルウェーでは保存食はなくてはならない食べ物です。輸送手段が発達している現在でも保存食の引き継がれています。

その他にきのこ類もノルウェーの人達にとっては大切な食べ物で、春夏になるときのこ狩りやベリー狩りに出かける人があとをたちません。

ノルウェー料理の主な食材

ノルウェー料理では主食はジャガイモとなります。主な食材はサーモン、たら、ニシン、エビ、カニなどのシーフードが有名です。

その他にもトナカイの肉、ヘラジカの肉、鯨の肉が食卓に上ることもあります。特に鯨の肉は日本よりもよく食べられます。

世界中でクジラを食べる国は日本、ノルウェー、アイスランドと言われているのですが、ノルウェーではとてもよく鯨が食べられています。捕鯨国としても有名で、現在でも世界中の反発にあいながらも強く捕鯨を主張している国の1つです。

ノルウェーでは保存食がとても充実していて、肉や魚を干したり、燻製、塩漬け、酢漬けして食糧の入手が困難な冬を乗り切ります。

野菜も酢漬けにしてピクルスにしたり、コケモモ、クランベリー、ラズベリーはソースやジャムにして保存されます。

ノルウェーでは世界でも珍しくジャムを肉の添え物にして使う事がよくあります。厳しい冬を乗り切る為の昔からの知恵が食材によくあらわれています。

ノルウェーの代表的な料理

オープンサンドイッチ

ノルウェーのサンドイッチは日本のサンドイッチのようにパンとパンを挟む事はありません。黒い薄切りのパンの上にチーズ、サーモンのエビなどの魚介類、ゆで卵、スライスオニオンをその人のお好みで乗せていただきます。

ランチ、軽食、おやつ、パーティー料理と様々な用途で活用する料理の一つです。

サーモンのソテー

ノルウェーの代表的な家庭料理です。ノルウェーでは日本と同様鮭がよく食べられます。

サラダの具材、サンドイッチの具材として使われることも多く、日本では塩焼きがほとんどですが、ノルウェーの場合バターでソテーをしていただくことが多いようです。

ノルウェーでは世界有数の鮭の捕獲が活発な国なのです。日本にも大量に輸入されているのですが、新鮮な採れたての、適度な甘みを持つ鮭は極上の料理となります。

この料理はノルウェーのレストランや食堂のいたるところで注文される定番の料理です。

ダカラオ

こちらもノルウェーの定番の家庭料理です。

タラ、エビなどの魚介類をトマトソースで煮込んだ料理です。魚介類の出汁がよく出て甘酸っぱいトマトソースととてもよく合います。

ジャガイモや玉ねぎ等の野菜を入れて煮込むことが多く一皿で肉、野菜等の栄養を一度に摂取することができる大変合理的な料理となります。寒い冬にはぴったりの料理です。

ダカラオだけで食べられることは少なく、通常はパンと一緒に食べるのですが、パンをダカラオの中につけて食べることが多いようです。

トナカイのステーキ

日本ではトナカイというのはクリスマスに出てくるサンタクロースのお友達ですが、ノルウェーでは立派な食材として利用されています。

肉は牛肉よりも硬く少しクセがあります。鹿肉よりも臭みがあるのでクランベリーなどの果肉のソースをかけて食べることや、赤ワインをたっぷり利かしたブラウンソースの中で煮込んで食べられます。

日本では馴染みのない習慣ですが、コケモモ、ラズベリー等のジャムが肉料理の添え物として使われることがよくあります。

肉類の中では少し高級な食材で結婚式やお祝、フォーマルなパーティー料理として出されることが多いようです。ステーキの他にカルパッチョやハンバーガー、ソテーにして食べられることもあるようです。日本では少し抵抗のある話なのですが、経験としていちど食べてみるのもオススメです。

・鯨のステーキ
現在、クジラを食べる国は日本、アイスランド、ノルウェーといわれています。ノルウェーではクジラを食べることがよくあり、スーパーで他のお肉と同様、普通に販売されています。日本ではお刺身で食べられることが多いのですが、ノルウェーでは通常ステーキにして食べられることが多く、こちらもノルウェーの定番料理です。見た目、味は牛肉にそっくりですが、脂身が少なく、あっさり食べることができるというのが特徴です。ステーキの他にカルパッチョや煮込み料理として出されることもしばしばあるようです。同じクジラでも日本とは食べ方が随分異なるようですね。

・ザリガニ
冬が長いノルウェーでは、夏になるとあちらこちらでパーティーが開かれます。その時のパーティー料理の1つとして登場するのがザリガニです。通常塩ゆでにされて出てきます。ナイフやフォークを使わずにエビを食べるように手で殻をむしって食べるのです。ウォッカと非常に合うとされていますのでお酒のおつまみによく食べられます。見た目、味はエビに似ているのですが、海老よりも味が濃く、こってりした味を持つのが特徴です。スーパーでも売られているのですが、川へ行って自分達で捕ってくることもあるようです。ザリガニ捕りは夏の定番の楽しみなようですね。

コメント