カザフスタン料理

「カザフスタンの料理」世界でもっとも大きな内陸国の料理です。

カザフスタンの人々は長い間遊牧民として生活を送ってきたため、長期保存に便利なフィールミョルク(サワーミルク)や肉類の塩漬け、ドライにした肉類なども頻繁に食べています。
リベリア料理

「リベリアの料理」1800年代にアメリカから解放された黒人たちが創った国の料理です。

西アフリカにある「リベリア共和国」。1800年代にアメリカから解放された黒人たちが創った国です。リベリアには、クペレ族,バサ族,グレボ族などを中心にさまざまな民族が生活しています。
モルドバ料理

「モルドバの料理」代表的な料理と言われているのが、ママリーガです。

モルドバ料理はトルコ料理とロシア料理、ウクライナ料理の影響を受けています。モルドバではぶどうが名産品でワインが作られています。その他にも野菜やお肉、乳製品など様々な食材が生産されています。
サンマリノ料理

「サンマリノの料理」イタリアのエミリア・ロマーニャ州とマルケ州に挟まれた料理文化を持っています。

サンマリノはイタリアのエミリア・ロマーニャ州とマルケ州に挟まれた国なのでこの2つの州の名物や郷土料理の影響が強く出ています。サンマリノには旧市街の中に多くの飲食店があり、とても小さな国ですが食べることには困りません。
タジギスタン

「タジキスタンの料理」パラウは他の中央アジア周辺地域と同様にタジキスタンの国民食です。

タジキスタンの料理はロシア、イラン、アフガニスタン、ウズベキスタンといった周辺地域でも一般的なものとして食されており、特に「パラウ(別名オシュ)」は他の中央アジア周辺地域と同様にタジキスタンの国民食として親しまれています。
ハンガリー料理

「ハンガリーの料理」内陸の国ですが、豊かな農地に恵まれていて食材が豊富です。

中央ヨーロッパのハンガリーは海に面していない内陸の国ですが、豊かな農地に恵まれているため、料理には様々な食材が用いられます。さらにオーストリアをはじめとする周辺諸国からの影響もあり、様々な料理が楽しまれています。
キルギス料理

「キルギスの料理」中国系ムスリムの中華料理の影響を受ける。

キルギス人のおよそ7割がイスラームを信仰するムスリムです。そのため、キルギス料理の多くはイスラーム文化が色濃く反映されています。もっとも、キルギス人の3割ほどはロシア正教などを信仰するキリスト教徒であり、キリスト教徒が多い地区では豚肉も食べられているようです。
モナコ料理

「モナコの料理」フランスのコートダジュールとイタリアの国境近くにる国の料理です。

モナコの住民の半分以上は多国籍の人だそうです。モナコに住んでいる多国籍の方はほとんどが億万長者とも言われております。その中でモナコ料理で人気のレストランには宮殿の人や多国籍のセレブの方々も通うほどモナコ料理は様々の国の人に楽しまれています。
マルタ料理

「マルタの料理」地中海の中央に位置して様々な国の食文化から影響を受けている。

マルタはイタリア・シチリア島の南にある国です。領土こそ小さいものの、地域によって様々な食文化があり、季節もはっきりしているため食文化も豊か。さらに地中海の中央にあるため、イタリア、中東、アラブ、アフリカなど、様々な国の食文化から影響を受けています。
バチカン料理

「バチカンの料理」イタリアや法王の出身国の影響が強いです。

料理については概してイタリア料理が最も近いと言われることが多いです。それもそのはずで、事実としてバチカン市国はイタリア国内のしかも首都であるローマ市内に位置しており、立地関係としてイタリア料理の影響が強いことに納得がいきます。