リトアニア料理

「リトアニアの料理」寒さが厳しく湿潤という北国の気候に合った食材が使われます。

リトアニアで食べられている料理は、寒さが厳しく湿潤という北国の気候に合った食材が主に使われています。雨の日が多いので、日照時間が短くても育つ作物が多く生産されており、郷土食も自然とそれらの食材を使った料理になるわけです。酪農も盛んなので、チーズやヨーグルトなどの乳製品も特産物の一つになります。
スーダン料理

「スーダンの料理」料理文化の十字路になっている。

スーダンはとても豊かな食文化を持っています。スーダンの東側は紅海に面していることから交易路としても機能していた過去があり、外来文化の十字路として商人や移住者らが常に外より食文化などを伝えていました。
チェコ料理

「チェコの料理」食材を上手に工夫して素晴らしい料理を作り出した国。

内陸にある国の為、食料がかなり制限されています。しかしながら少ない食材を上手に工夫して素晴らしい料理を作り出した国でもあります。香辛料やスパイスなどはあまり使わずに、塩、胡椒を使って素朴な味付けを出しているのが特徴です。また多くの食事の添え物としてサワークリームを使われることがあります。
ギニア料理

「ギニアの料理」米やキャッサバやヤムイモやとうもろこしの加工品が主食です。

ギニアの主食は主にお米やキャッサバやヤムイモやとうもろこしの加工品が使われています。ギニアの食生活は日本とはだいぶ異なっており、1日に1度まとめて料理をしたら3食同じものを食べるという食文化があります。
シエラレオネ料理

「シエラレオネの料理」西アフリカ式の食文化が主流であることが特徴です。

シエラレオネ料理は西アフリカ式の食文化が主流で、ご飯と一緒に食べるシチューなどの煮込み料理がよく食べられています。主食がお米ということもあり、ご飯にかけて食べる料理が多くあります。シエラレオネの料理はガーナ料理やナイジェリア料理などと共通する料理が多いです。
ジョージア料理

「ジョージアの料理」長寿大国の伝統的な料理を紹介します。

日本と同じく四季のある国なので、農作物が豊富に収穫できます。乳製品や木の実、香草やフルーツなど使用する食材も様々です。ワイン発祥の地ともされており、ワインに合う料理が多いのも特徴です。
イタリア料理

「イタリアの料理」時間をかけて食材の旨みを堪能する風習がある。

イタリア料理は、なんと古代ローマの時代から食べられていたと言われております。しかもその当時からまずは前菜、そしてメインディッシュ、最後にデザートを食べるという今やイタリア料理の定番とも言えるであろう料理の出し方を行っていたようです。
チュニジア料理

「チュニジアの料理」アラブとイタリア、トルコの食文化混じり合った料理。

カルタゴ料理の歴史を整理すると南ヨーロッパ(特にイタリア)はローマ帝国による吸収、アラブは7世紀ごろのアラブ勢力の侵攻、そしてトルコについてはオスマン帝国による吸収に影響を受けています。
エジプト料理

「エジプトの料理」アエーシと呼ばれる薄焼きのパンが主食です。

エジプトで主食となっているのが、パンです。パンと言ってもフランスパンやクロワッサンのようなものではありません。エジプトでパンと言えば、「アエーシ」と呼ばれる薄焼きのパンが主流です。
ハイチ料理

「ハイチの料理」フランス料理と西アフリカ料理の要素がブレンドした料理です。

ハイチで見られる料理も例外なくフランス料理と西アフリカ料理の要素がブレンドした料理になっています。もちろん、カリブ海ならではの食材も多用しますが中には植民地支配下から独立へと移った激動の歴史を反映した料理もあります。