ブルガリア料理

「ブルガリアの料理」ヨーグルト以外の伝統的な料理を紹介します。

たいていの人は、ブルガリアと聞くと、ヨーグルトを思い浮かべると思います。実際、ブルガリアでは、ヨーグルトはよく食べられています。しかし、ブルガリアにはヨーグルト以外にも、伝統的な料理から、いわゆるB級グルメ的なものまで、おいしいものがたくさんあるのです。
ギリシャ料理

「ギリシャの料理」オリーブの生産量や消費量が多い。

古代ギリシャと現代のギリシャ料理とほとんど関係ないのが実情で、自らが生んだ子供のようなヨーロッパ諸国や、それのみならず異文化であるムスリム文化圏のトルコの食文化の影響されています。
ニジェール料理

「ニジェールの料理」世界の中でもトップクラスに気温が高い国。

ニジェールで主食として食べられているのは、「ミレット」と呼ばれているキビやヒエ、アワなどの雑穀や、トウモロコシ、キャッサバイモ、ヤムイモ、ライスなどです。メインのおかずとして頻繁に食べられているのは、シチューなどの煮込み料理です。ニジェールに暮らす人々のおよそ80%がイスラム教ですので、宗教上の戒律で禁止されている豚肉は食べられていません。
モンテネグロ料理

「モンテネグロの料理」パンと肉料理がよく食べられる。

日本でもおなじみのフランスパンやクロワッサン、バターロールなどはもちろんのこと、「ブレク」と呼ばれるトルコ発祥のパンやソーセージやジャムが入ったパンなど、種類も豊富です。
ニカラグア料理

「ニカラグアの料理」主食として食べられているのが、トウモロコシや米、豆類などです。

ニカラグアには、自然がいっぱい。熱帯雨林や火山、湖など、エリアごとに多種多様な自然を見ることができます。ニカラグアで主食として食べられているのが、トウモロコシや米、豆類などです。 メインとなるおかずは、牛肉などを使った肉料理が多いですね。
サモア料理

「サモアの料理」タロイモや「ファイ」と呼ばれる調理用のプランテーンバナナが主食です。

サモア人の主食は、タロイモや「ファイ」と呼ばれる調理用のプランテーンバナナなどです。これらは、茹でて食べるのが一般的です。メインのおかずには、豚肉やチキンなどが使われることが多いですね。また、カレーを食べる文化もあります。
オランダ料理

「オランダの料理」濃厚なスープや煮込み料理が多い、

オランダ人の主食は、パンやジャガイモなどです。ライ麦パンやマッシュポットなどが、オランダ人にとってはなくてはならないものなんですよ。メインディッシュには、主に濃厚なスープや煮込み料理などが食べられています。オランダは冬の期間がとっても寒いので、身体を温めてくれるスープ類は必須なんですね。
スウェーデン料理

「スウェーデンの料理」家で過ごす時間を充実させるための工夫が料理にも活かされる。

スウェーデンをはじめ北欧諸国は、寒い冬の時期が多いため1年を通して室内で過ごす時間がとても多いのが特徴です。そのため、家で過ごす時間を充実させるための工夫が生活の随所に見られるんです。インテリアやデザインが発達しているのもそのためなんですね。
モザンビーク料理

「モザンビークの料理」約400年にもわたるポルトガルの植民地の影響を受ける料理。

モザンビーク人の主食は、米やメイズ粉(白トウモロコシ粉)で作った「シマ」という食品、小麦粉で作ったパン、スパゲッティーなどです。メインのおかずとには、チキン料理やシチューなどの煮込み料理、カレー、シーフードなどがよく食べられています。
アゼルバイジャン料理

「アゼルバイジャンの料理」南コーカサスにある歴史的背景の影響を受ける料理。

アゼルバイジャン国内は、カスピ海沿岸エリアと大コーカサス山脈エリア、中央平原エリアという3つのエリアに分かれており、各エリアにさまざまな文化が花開いています。そんなアゼルバイジャンは、豊かな食文化が根付いていることでも知られています。