「パキスタンの料理」ロティ〈パン〉、チャワル〈米〉、サブジ〈野菜〉、ゴシュト〈肉〉で構成

パキスタン料理

パキスタン料理の概要

パキスタンは、インド、中国、アフガニスタン、イランと国境を接していて、イスラム教を信仰している南アジアの国です。

パキスタンは、国の東側はインド〈北インド〉、西側は中東やペルシャとそれぞれ隣接しているので、それらの食文化の影響を受けています。

パキスタンの食事の4つの構成要素

そんなパキスタンの食事の4つの構成要素は、ロティ〈パン〉、チャワル〈米〉、サブジ〈野菜〉、ゴシュト〈肉〉になります。

イスラム教で清浄とされた〈ハラール〉の肉

イスラム教を信仰している国民が大半を占めるため、多くのパキスタン人はイスラム教で清浄とされた〈ハラール〉の肉だけを食べます。豚肉は一切食べず、ハラールのチキン、ヒツジ、牛肉を使用し、ケバブやティッカ〈香辛料で味付けした肉〉、コルマ〈カレー〉、カラヒ〈水分のないカレー〉、プラオ〈肉入りご飯〉、ビリヤニ〈肉入りの炊き込みごはん〉、コフタなどの料理を食べています。

香辛料をふんだんに使った肉料理がメインで、油をたくさん使いトマトピューレやヨーグルトで味を調えたレシピが多いのが特徴です。

世界有数の小麦の生産地

また、パンジャーブ州は世界有数の小麦の生産地として有名です。そのためパンが豊富で、薄焼きのチャパティ、チャパティにギー〈バターのようなもの〉を塗りカリッと焼くパラータやイーストを混ぜて窯で焼くナン、サフランとカルダモンの粉末を混ぜてオーブンで焼きあげるタフタンなど種類が豊富です。

地方による個性

パキスタンの料理は地方によって個性があります。インドと国境を接しているパンジャーブ州やシンド州は、インド料理とよく似ていてスパイスを効かせた濃厚な味わいとピリッと辛いカレーが多く、中国と国境を接している北部ではあまりスパイスを使いません。

ケバブには郷土色を色濃く反映したものが多数あります。

アフガニスタンと国境を接しているバローチスタンや、北西部で食べられているアフガニスタン風の塩とコリアンダーで味を調えたケバブや、ラホールで食べられている香辛料とレモンジュース、ヨーグルトでマリネした刺激のあるケバブ、北西部のペシャワールでポピュラーなチキンや牛肉のミンチと挽いたひよこ豆と香辛料を使ったハンバーグ状のシャミ・ケバブなどです。

パキスタンでよく飲まれている飲み物

パキスタンでよく飲まれている飲み物は「チャイ」です。パキスタンのチャイは牛乳と砂糖にカルダモン、ナツメグを加え沸騰させて作ります。他にもヨーグルトドリンクのラッシー、サトウキビのジュースも人気で、北部のパキスタンでは塩気のあるバター入りのお茶が飲まれています。

よく使われる食材

パキスタン料理は、ケバブに代表されるように肉料理を日常的に食べます。

人気の高い肉は羊肉で、肉だけでなく内臓や脳みそまで余すところなく食べます。肉以外ではお米やパンを主食としていて、日本人でもなじみのある〈ビリヤニ〉や〈チャパティ〉なども好まれ、カレーや焼き鳥などと一緒に食べます。

代表的なパキスタン料理

チキン・ティカ・ボディ

「チキン・ティカ・ボディ」は、パキスタンの中でもパンジャーブ地方でよく食べられる料理で、観光客が訪れるレストランや地元の人が訪れるお店でもよく見かける有名な料理です。

家庭で作られることも多く、鶏肉をヨーグルトとさまざまな香辛料を加えて漬け、タンドールというツボの形をした窯で焼き上げます。時間をかけてじっくり焼くので中までしっかりと火が通りうま味が凝縮されます。

コフタカレー

「コフタカレー」は、国民に親しまれているミートボールカレーです。コフタとは、ひき肉を団子状にしたもので羊の肉などが一般的に使われています。

カレーソースにはハーブやスパイス、みじん切りにした玉ねぎがたくさん使われていて、ピリッと辛くてスパイシーな味付けが食欲をそそります。

ビリヤニ

「ビリヤニ」は、典型的なイスラム料理でお祝い事の時によく食べられます。

肉や野菜を具材にしたカレー風味の炊き込みご飯で、パエリヤ、マツタケご飯と並び世界三大炊き込みご飯のひとつとされています。

地域によっても使う具材やスパイスはさまざまでバリエーションがあります。

ムルグチョレー

「ムルグチョレー」は、これもパキスタンでよく食べられているカレーのひとつでレストランでも食べられます。

このカレーの特徴はひよこ豆やレンズ豆、そら豆など複数種類の豆を使うところにあります。これらの豆が一緒に入れたお肉と相性がとてもよく合っていて幅広い年齢層に親しまれています。

シークケバブ

「シークケバブ」は、パキスタンの伝統的な料理の一つです。

スパイスで味付けしたひき肉を串に巻き付けてローストしたもので、チャツネやミントのソースとともにに食べます。

使う肉は牛、マトン、鶏とさまざまです。いろいろな香辛料をかけてもおいしいですし、そのままでもナンにはさんでもおいしいです。

パキスタンカレー

「パキスタンカレー」は、国民が日常的に食べているカレーです。普段のランチはほぼカレーと言っていいでしょう。

特徴はトマトとスパイスの風味豊かなカレーで、刺激の強いインドカレーとは全く異なります。

パキスタンカレーは大きく肉カレー、豆カレー、野菜カレーに分類されます。メインの材料を何にするかによってカレーの種類が決まります。具材はバランスよく入っているというよりは、メインの具材がたっぷり入っているのが特徴です。

コメント