「カタールの料理」伝統的な遊牧民の食べ物が多い

カタール料理

カタール料理の概要

カタールの伝統的な料理は、他のアラビア半島の諸国と同じように、遊牧民の食べ物です。それにレバノンなどのアラブ料理がプラスされています。

羊(ラム)や時にはラクダ、お米、なつめやしの実、ヨーグルト。また海に面しているためロブスターやカニ、エビが食材となります。

ご飯にスパイスで味付けして焼いたラムなどの肉を乗せたマクブース(Matchbous)をはじめ、アラブ料理のフムス(ひよこ豆のペースト)やタブーリ(Tabbouleh、パセリのサラダ)、シャワルマ(ラムやチキンの回し焼きと野菜をピタパンに詰めたスナック)、ワラエナブ(Wara Enab。ぶどうの葉にご飯をつめた料理。ドルマ)、ご飯やナッツを飾ったラムの丸焼きGhuziなどをよく食べます。

イスラム教徒が多いため、一般のカタール人はアルコールは飲みません(ただし外国人向けには提供されている)。

アラビアコーヒーがポピュラー。

そんなコーヒーの友として、ウムアリ(Umm Ali)という、ナッツとレーズンを飾ったパンプディングや、メハラビヤ(Mehalabiya)という、ローズウォーターとピスタチオで風味づけしたプディングといったデザートが人気です。

また、カタールには南アジア系外国人が多いことから、ビリヤニ(上写真)やサモサなどインドやイラン、パキスタン料理、またアメリカのファーストフードも浸透しています。

カレーなどはインド、パキスタンに比べてアラブ人向けにスパイスはかなりマイルドな味付けのことが多いようです。

よく使われる食材

タヒーニ(طحينة、tahini)

ゴマのペースト。フンムス、ババ・ガンヌージュを作るのに使う他、サラダドレッシングや魚料理のソースなどさまざまな料理に使われる。

中華食材の「芝麻醤」(練り胡麻)に似ているが、タヒーニは胡麻を炒らないで作るので香りが異なる。

ブルグール(برغل、bulgur)

茹でた小麦を乾燥して細かく挽いたもの。タッブーリやキッビに使う他、米の代わりに炊くこともある。

キシュク(كشك Kishk)

乳またはヨーグルトとブルグールを混ぜて発酵させ、日干しにしてから粉にした食品。穀類入りのクルトの一種ともいえる。ソースのとろみづけ、シュールバ、粥状の料理、農民風サラダ、卵料理、塩味のフィリングに用いる。

フィロ生地(phyllo)

紙よりも薄いパイ生地。バクラヴァなど、菓子作りに使う。

スンマーク(سماق summāq)

ヌルデ属の植物Rhus coriariaの実の粉末。酸味があり、味と見かけは「ゆかり」ふりかけに似ている。調味料として用いる。

ザアタル(زعتر za’atar)

オレガノ、スンマーク、タイム、炒った白胡麻、塩などを混ぜた調味料。オリーブ油と混ぜてからパンにつけて食べる。

ディブス・ルンマーン(دبس رمان dibs rummān)

ザクロの果汁を煮詰めたシロップ。サラダドレッシングやスフィーハの具、煮込み料理の味付けに用いる。

バターレフ(بطارخ batārekh)

ボラの卵巣の塩漬け(カラスミ)。メッゼとして薄く切ったものをパン、オリーブ油、レモン汁と一緒に食べる。キリスト教徒の家庭では、四旬節期間中特によく消費される。

マーザヒル ماء الزهر

オレンジフラワーウォーター。オレンジの花を蒸留して得られる香水。デザートや飲み物の香り付けに用いる他、ヒツジの頭、足、トライプを洗った後にもみこんで臭みを消す。

マーワルド ماء ورد

ローズウォーター。バラの花弁を蒸留して得られる香水。デザートや飲み物の香り付けに用いる他、ヒツジの頭、足、トライプを洗った後にもみこんで臭みを消す。

代表的なカタール料理

ホブス(薄パン

カタール料理の主食はホブス(薄パン)です。

後述する野菜や豆のディップをすくって食べます。

ホブスはアラブ全般に共通する主食ですけれど、そのうちガルフ諸国(クウェート、バーレ-ン、カタールあたりの湾岸諸国)の地域に共通する主食としては、お米を使ったマクブース(肉や魚の炊き込みご飯)があります。

カタールは、後述するインド・パキスタン人系の店が多く、いわゆるカレーが浸透していることもあり、米をよく食べるという印象もあります。

インド・パキスタン系の米料理としては、カレーと共に食べる白米のほか、ビリヤニ(2色米スパイシーライスの中に肉が埋まっているもの)があります。

Fattoush/ファトゥーシュ

グリーンサラダにホブスという薄パンで作ったクルトンを乗せたもの。

フレッシュな野菜にほんのりとかかったドレッシング、クリスピーな食感のクルトンが美味。カタールのみならず、アラブ諸国で広く愛されるサラダです。アラビック料理を扱うレストランでは定番のメニューです。

Machboos/マクブース

マクブースやマチュブースとも言われ、アラブ風の炊き込みご飯の上に焼いた魚や肉を載せたもの。

ご飯をスパイスで味付けしてあるので、カレーのような風味が楽しめます。一皿でかなり食べ応えがあるので、大人二人で一皿を取り分けるなどして楽しむのがおすすめです。

hummus/フムス

フムスとは、茹でたひよこ豆にニンニク、練り胡麻、オリーブオイル、レモン汁などを加えてすりつぶし、塩で味付けしたペースト状の料理のこと。そのまま食べるのではなく、薄いパンやトルティーヤチップス、野菜などにつけて楽しみます。

ひよこ豆は栄養価が高いこともあり、フムスの注目度が世界中で高まっているとか。カタール在住の日本人の間でも、好んで食べる人が多い一品です。

Tabbouleh/タブーリ

細かく刻んだパセリにトマト、モッツァレラチーズをトッピング。

オリーブオイル、レモン汁、塩で味付けしたさっぱりとした味わいは、一度食べたら病みつきに。こんなにも大量のパセリを一度に食べると苦いのでは。と思われるかもしれませんが、意外や意外、苦みやえぐみなどを感じることはなく非常に食べやすいです。レバノンを中心とした中近東で親しまれているサラダです。

shawarm/シャワルマ

シャワルマはちょっとお腹が空いたなという時に、気軽に食べられるアラブのファースフード。グリルした牛、鶏、ラム肉をお好みでチョイスし、レタスやピクルスといった野菜とフライドポテトをアラブパンで巻きます。

お値段も500円前後とお手頃で、スーク・ワキーフやモール内にあるフードコートなど、様々な場所で購入することができます。

Khubz/ホブス

ボブスとは円型の薄い平焼きパンのこと。

どんな料理にもマッチするので、アラブレストランに入ると様々な料理の付け合わせとして提供されます。

手でちぎって、スープに浸したりお肉や野菜をはさんで楽しんで、素朴で飽きのこない味わいと少しもっちりとした食感は、アラブ料理に馴染みの薄い人の口にも合います。

Lentil Soup/レンティルスープ

レンティルとはレンズ豆のこと。

その中に細かく切った人参、セロリ、じゃがいも、トマトなどを入れ塩、胡椒などで味付けをしたあと、弱火でくつくつと煮込みます。

優しい味わいで、現地では朝食に食べる人が多いとか。添えられたカットレモンを絞れば後味もさっぱり。慣れない土地での食生活に、疲れた胃を休めたい時にもおすすめです。

lamb chop/ラムチョップ

豚肉を食べないイスラム教徒にとって、ラムは欠かせない食材の一つ。

鮮度の高い物が提供されているのも美味しい理由の一つかもしれません。様々なラム肉料理がある中で、おすすめはラムチョップ。Al khaima Restaurantはドーハで一番おいしいラムチョップが食べられると評判です。

mint with lemon juice/ミント・ウィズ・レモンジュース

大量のミントを使用し、さっぱりとした甘さが人気のジュース。

暑い街を散策した後、一休みするタイミングでこちらを頂くと生き返る気がしますよ。様々なお店で飲むことができますが、おすすめはスーク・ワキーフ内にある「Damasca One」というレストラン。

こちらのレストラン、食事やシーシャ(水たばこ)が楽しめることでも定評があるお店です。

コメント