「タジキスタンの料理」パラウは他の中央アジア周辺地域と同様にタジキスタンの国民食です。

タジギスタン

タジキスタン料理の概要

タジキスタン共和国は中央アジアに位置する共和制国家で、旧ソビエト連邦から独立した国です。南にアフガニスタン、東に中華人民共和国、北にキルギス、西にウズベキスタンがあります。

そのため、タジキスタンの料理はロシア、イラン、アフガニスタン、ウズベキスタンといった周辺地域でも一般的なものとして食されており、特に「パラウ(別名オシュ)」は他の中央アジア周辺地域と同様にタジキスタンの国民食として親しまれています。

主食はナン(ノン、ノヌとも)で、一日数回にわたって食べます。

味付けの基本は塩ですが、香りづけとして様々な植物の葉が用いられています。食事の最初の皿と次の皿とは別々で、最初の皿はスープ系が多く、最後はデザートとして果物や甘いものを食べます。

肉は羊を中心に牛やヤギ、シカ、鶏、さらに地方へ行くと馬やウサギ、七面鳥なども食べられています。しかし、宗教上、豚肉は食べません。

タジキスタン料理の主食

ナン

タジキスタンの食事では、通常はナンが添えられます。

ナンは食事の中でも特に重要視され、地面に落としてしまったナンはもう手をつけず、物乞いや鳥のための棚の上に置いておきます。

ナンを上下逆さに置いたり他の料理をナンの上に乗せることは悪い運を呼び込むとされています。また、ナンには味のバリエーションがあり、塩味やバター味、牛乳たっぷりのもの、観光客にはスナックタイプが人気です。

パラウ

ピラフのようなものです。別名「オシュ」とも言います。

黄色のカブやニンジン、挽肉などを細かく刻んで「カザン」という鉄製の大釜で米と羊油や植物油で炒めたあと、蓋をせずに炊き上げます。

日本のお赤飯のようなものらしく、お祝い事があると各家庭で作られます。通常はテーブルの中央に大皿で提供されるようです。

クルトブ

こちらはタジク人の中でも人気のある家庭料理の一つです。

塩気の強いチーズ(クルト)を水で溶いたものに、平らなパン(ファティール)をちぎったものや、飴色玉ねぎや他の野菜を入れた、スープとサラダの中間のような、メインディッシュです。

オルズク

揚げパンの一種です。ふわふわの食感でほんのり甘く味付けされています。

スナック菓子のように、一つ一つが小さいパンです。

タジキスタンの飲料

緑茶

お茶は通常、食事と共に出されたり来訪者があると提供されたり、と日本同様に頻繁に飲まれています。砂糖などは入れず、陶器製のポットで熱い状態で出されます。

西洋におけるコーヒーのように、力仕事の休憩時や、友達ともおしゃべりの時にはお茶を飲むのがタジク人の習慣なのだそうです。

なお、タジキスタンの各町村のモスクの隣には喫茶店(チャイハナ)があるのが慣例です。

シュルチョイ(シルチョイ)

茶・ミルク・水(お湯)と定義されている、中央アジア遊牧文化においてのミルクティーです。バターを落とし入れ、ちぎったパンを浸して食べます。

ピティ

アゼルバイジャン発祥のスープ。旧ソ連時代に持ち込まれたもので、肉や豆、野菜を煮込んだ具だくさんスープです。

ショルバ(ショルボ)

出汁を広く差す言葉ですが、羊などの肉と野菜で作った、しょっぱくて澄んだスープのことでもあります。家庭料理、国民食の色合いが強く、田舎の食堂ではナンとショルパしかないところも多くあるそうです。

タジキスタンの酒

タジキスタンではイスラム教徒が多くいますが酒屋はあり、お酒は簡単に買えるそうです。
ウォツカの種類は多く、値段は500ml入りで数百円から数千円まで様々。旧ソ連時代入ってきた習慣として、小さいグラスで飲まれています。

ワインはイタリアやフランス、チリなどから輸入されているものが主です。他にもグルジアやモロドヴァのように、日本では見かけない物もあります。

ビールはロシアの「バルチカ」という銘柄が人気だそうです。

このように輸入物のお酒がよく親しまれており観光客も買えるようですが、家庭での宴には原則的にはお酒は出ません。緑茶や紅茶、コーラやジュースなどが出されます。

タジキスタンでよく使われる食材

日常食として、挙げられるものの一つに「チャカ」があります。ナンと共に提供される、ヨーグルトのようなものです。

この他にもタジキスタン料理にはチーズやヨーグルトのような、乳製品が頻繁に使用されます。自家製造する人が多く、乳製品を発酵させる菌の種類が豊富なため、日本では見られないようなチーズもあります。

また、夏季には様々な果物が市場に出ます。旧ソ連時代に盛んに栽培されたブドウやメロンのほか、ザクロやアプリコット、スモモ、イチジクのほか、柿も販売されています。ドライフルーツも種類が豊富で、スナックとして親しまれ、観光客のお土産の定番でもあります。

フルーツを使ったお菓子もあり、「ハルヴァ」は穀物や野菜または果物に油脂と砂糖を加えて作られます。ちなみにハルヴァは広い地域で親しまれているため、同じ名称でも国によってプディング状であったり固形の焼き菓子であったりと形は様々です。

代表的なタジキスタンの料理

ラグマン

中国系ムスリムのドンガン人が広めたとされる、手延べ麺の入ったスープ。中央アジア全域で食べられています。

トマトベースのスープで煮た羊肉、野菜、唐辛子などの具をかけ、かきませてから食べる、「混ぜ麺」形式です。サワークリームをかけることもあり、食べ方は地方によって異なるようです。

トゥシベラ

水餃子やロシアの「ペリメニ」のようなもの。
牛や羊に挽肉が入っており、これにもサワークリームをかけて食べます。

サムサ

サクサクしたパイのようなパン生地の中に牛肉(あるいは羊肉)や玉ねぎを入れて焼いた、ミートパイのような料理。スナックに近い扱いですが、1個でもハンバーガー並みかそれ以上にボリュームがあるそうです。

シャシリク

ラムの焼肉です。クミンなどの香辛料に一晩漬けこみ、臭みを消していただきます。お店によっては炭火で焼いてくれて、脂身の美味しく食べられます。

羊肉の他に、牛肉や鶏肉のシャシリクもあり、大体5~15ソモニ(150~450円)で食べられるようです。また、付け合わせに酢で和えた玉ねぎがつくこともあります。

コメント