「チュニジアの料理」アラブとイタリア、トルコの食文化混じり合った料理。

チュニジア料理

チュニジア料理の概要

チュニジアの歴史

世界史を履修した方ならカルタゴ帝国について耳慣れている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

かつてハンニバル将軍がローマ帝国を後1歩で滅ぼさんとしていたカルタゴ帝国は北アフリカに位置し、マグレブ諸国の一員である現在のチュニジアで生まれました。

そんなチュニジアはカルタゴ帝国なき後はローマ帝国に吸収され、その後はさらにアラブ勢力が入り、さらにはオスマン帝国による吸収、そしてフランス統治と波乱万丈な歴史をたどりました。

そんな歴史をたどったチュニジアは料理にも波乱万丈な歴史がよく反映されており、様々な食文化が入り混じった食文化を形成しています。それではチュニジア料理とはどのような料理なのか、早速紹介していきます!

チュニジア料理に影響を与えた国々

チュニジア料理は一般的にアラブと南ヨーロッパ(特にイタリア)、時折トルコの食文化が混ざってできたものとよく言われます。

カルタゴ料理の歴史を整理すると南ヨーロッパ(特にイタリア)はローマ帝国による吸収、アラブは7世紀ごろのアラブ勢力の侵攻、そしてトルコについてはオスマン帝国による吸収に影響を受けています。

その後のフランス統治でまた南ヨーロッパの食文化が入ってくることになるのですが今度はフランスです。チュニジアでバゲットが普及しているのもこのような歴史に由来していると言えます。

ただ、実際には地中海沿岸部の料理は全体的に類似性が強い傾向があり、オリーブオイルとトマトについては国を問わず欠かすことのできない食材になっています。

また、チュニジア料理でもパスタ類は大活躍しますがこれは距離的に近い南イタリアの影響が強いと言われています。

こうして地中海の美食の一角を担うことになったチュニジア料理ですが、内陸部を中心にいわゆる地中海料理とは異なった特徴を持つ食文化が存在します。

それはベルベル人を中心とした先住民料理で、これはアルジェリアやリビアなどでも共通する料理が多く見られます。

チュニジア料理でよく使われる食材

チュニジア料理ではどのような食材がよく使われるのでしょうか?

チュニジアは他のアラブ諸国と同様にイスラム教徒が多数派の国になるので使えない食材があるはずなのですが実は諸事情あって例外事項が存在します。その事情も併せて紹介していきます。

オリーブオイル

オリーブオイルは地中海料理にとって絶対に欠かすことのできない食材であると共にオリーブは地中海沿岸部の主力作物でもあります。

用途は実に様々なもので、具材などを炒めたり揚げたりするのはもちろん、サラダやパンなどにかけたりして利用します。また、はちみつ入りのオリーブオイルにパンをつけて食べるという使い方もあり、のどが痛いときなどにいいとも言われています。

トマトなど野菜類

トマトは地中海料理において欠かすことのできない食材になっています。チュニジアは地中海のアフリカ側にあり、サハラ砂漠にもそう遠くはない位置にありますが実は他の地域と同様に農業は大変活発です。そのため、トマトはもちろんですが他にも様々な種類の野菜を使った料理が豊富に存在します。

クスクス

前項でチュニジアでもパスタ類をよく使うと先述しましたがパスタ類の中でもとりわけクスクスと呼ばれる粒状のパスタが多用されます。

このパスタは実は北アフリカで生まれたもので、のちに地中海対岸、すなわちヨーロッパ側にも伝わることになりました。クスクスはパンなどと共に主食として重宝され、肉などのシチューなどと共に食べるのが定番です。

肉類

肉類についてはイスラム教におけるハラールとの関係で羊肉や鶏肉、牛肉を中心に使用します。これは豚肉が禁忌とされていることに由来しているのですが、フランス統治を経て特に欧米系や世俗派の人を中心に豚肉を使う人も少なからずいます。

ただし、チュニジア料理において豚肉は原則として使われることは殆どありません。

ヨーロッパヘダイ

魚食はあまり盛んな方ではありませんが実際に漁業は盛んです。

チュニジアの魚食で名高いのがヨーロッパヘダイという魚で、ドラドという英名で知られていることが多いタイと同じ仲間の魚です。中でも地中海域内で養殖が最も盛んなチュニジアで脂ののりがいいと評判で、シーフードレストランでは欠かすことのできない魚になっています。

代表的なチュニジア料理

さて、ここからはいよいよ代表的なチュニジア料理について紹介していきます。今回紹介するのはほんのごく一部に過ぎませんがこれをきっかけに興味を持つことがあれば大変嬉しいです。

タジン

モロッコでもクスクスと具材を一緒に蒸した鍋料理として同じ名前の料理がありますが、チュニジアでいうタジンとは大きく異なります。チュニジアの場合はどうなのかというとむしろキッシュの方が近く、チーズなどもふんだんに使います。

ブリック

ブリックは揚げ料理で、実はトルコでも極めてよく似た料理が存在します。

形状は2種類あり、1つは春巻きと同じような筒形のものがあり、こちらはファストフードのような感覚で食べられることが多いです。2つ目は三角形で、こちらはパーティーなど、客人がいるときを中心に作られることが多いです。

具材はいずれも変わらないことが多く、主に肉、玉ねぎ、場合によってはツナ缶などを使うことが多く、また、中に入れる卵については基本的に半熟であることが多いです。

クスクス料理

クスクス料理については例えば「ラム肉のクスクス」というように具材+クスクスであることが多く、固有の名前は基本的にないです。なお、クスクスにかける具は肉の入ったstewであることが多く、モロッコでいうところのタジンに近いと見てもいいでしょう。

ジョルバ

ジョルバはいわゆる先住民料理で、唐辛子を使ったハリッサと呼ばれる調味料やトマト、玉ねぎなどを使った白身魚のスープになります。

サラダメシュイヤ

パンのお供として食べられることの多い料理になります。オリーブオイルとピーマン、トマトなどの野菜を混ぜて作るディップで、これをバゲットなどに乗せて食べるのが定番です。

ラブラビ

これはいわゆるパン粥で、肉、ひよこ豆などの具材、スープ、辛い調味料を混ぜて食べます。巷で食べるラブラビの多くは激辛なものが多く、中には酔い覚めで食べるという人も少なくないです。(チュニジアでは世俗派の人を中心に飲酒する人は多いです)

ラブラビサンドイッチ

チュニジア北部の都市ビゼルトではパン粥ではなく、肉、ひよこ豆、辛い調味料などを混ぜたものをパンにはさんで食べます。これはビゼルトの名物のひとつにもなっており、巷の屋台などで食べることができます。

コメント