「アメリカの料理」民族的に多様かつ多文化な食事が楽しめる

アメリカ料理

アメリカ料理の概要

アメリカ合衆国、通称アメリカは50の州及び連邦区などからなる連邦共和国です。世界で最も民族的に多様かつ多文化な国のひとつであり、これは多数の国からの大規模な移住の産物とされています。

アメリカは先進国かつ世界最大級の国民経済を有します。同国経済は、豊富な天然資源と高度な労働者の生産性により支えられています。

アメリカ料理は規定しにくいが、アメリカの家政学では、北米の植民地の基礎を作ったイギリスの伝統料理に一番近いニューイングランドの料理を典型的なアメリカ料理としています。

20世紀の初め頃から缶詰やレトルト食品が発達し、既成食品を家で一手間かけるだけの家庭料理が一般的となりました。

アメリカ料理によく使われる材料

肉類

アメリカ人はおにくが大好きです。広い土地を有するアメリカでは羊や牛、豚や鶏などが多く育てられています。アメリカの牛肉は最高品質のブランド牛もおり、世界的にも有名です。

アメリカ人の国民食であるハンバーガーにもお肉がふんだんに使われており、日本でも人気のケンタッキーフライドチキンもアメリカから来たファーストフード店です。

アメリカ人の国民食であるハンバーガーにもお肉がふんだんに使われており、日本でも人気のケンタッキーフライドチキンもアメリカから来たファーストフード店です。

小麦粉

アメリカ人はパンや、パスタを主食としています。パン屋パスタは小麦粉からできており、この小麦粉を作る麦もアメリカの雄大な土地を使って栽培されています。

アメリカでは、その他にケーキやドーナツなどもよく食べられていますが、それらも小麦粉から出来ています。

小麦粉はカロリーが高いので、アメリカ人はお米を食べる日本人よりも、カロリーを多く摂っていることがわかりますね。

代表的なアメリカ料理

ピザ

ピザはもともとイタリア料理ですが、アメリカで独自に変化し、それはイタリアとは全く異なる特徴を持っています。

一般的な作り方は、生地(ピザクラスト)の上にトマトソースを薄く塗り、野菜や肉などの具とチーズを乗せます。

窯やオーブンで焼き、生地に火が通ってチーズに軽い焦げ目がつけば出来上がりです。

ただし、トマトソースを使わないピザや、チーズを使わないピザもあり、トマトソースを使わないものをピッツァ・ビアンカ(白いピッツァの意)と言います。

アメリカのピザは具が多めで、ボリューミーなのが特徴です。

ベーグル

ベーグルはパンの一種でドーナツのような見た目をしています。

小麦粉の生地をひも状にのばし、両端を合わせて輪の形にして発酵させ、茹でた後にオーブンで焼いて作られます。

この製造法により、外側はカリッと焼き上げられ、内側は柔らかくてもっちりと詰まった歯触りになります。乾燥を防げば品質は数日間保たれます。

また、水分量が少ないので、冷凍保存なら家庭用の冷蔵庫でも1ヶ月程度は充分に保存できます。

通常パンの原料として使用されるバター(油類)、卵、牛乳を基本生地に使用していないことから、他の一般的な製法のパンと比べると脂肪分やコレステロールが低いのが特徴です。

マフィン

マフィンはアメリカ式のカップケーキです。いろいろな種類の粉で作られ、中にブルーベリーなどのフルーツやナッツ、チョコチップなどが入っているものが多い。ベーキングパウダーで膨らませます。

日本でもよく食べられており、アメリカのマフィンは日本のものより甘いのが特徴です。

スパゲティ・ウィズ・ミートボール

これはその名の通りミートソーススパゲティの中にミートボールが入っている料理です。ルパンの「カリオストロの城」の劇中にも出てくるアメリカの代表的料理です。

ミートソースは通常、平打ちのパスタに合わせるもので、断面の丸い麺には絡みずらいです。断面の丸い麺を食べやすいようにミートソースのお肉をミートボールにしたのがこの料理の始まりです。

ジャンバラヤ

ジャンバラヤはお米を使った、日本で言うチャーハンに似た食べ物です。

大きな鍋で作って大人数で食べることが多く、現在ではバーベキューとともに屋外パーティの主役になることが多い。ハンバーガーやホットドッグと並んで屋外スポーツ施設の売店の定番メニューです。

お米と野菜と肉が主な食材ですが、海鮮を入れたり、トマトを入れたりなど地域によって入れるものが異なります。

クラムチャウダー

クラムチャウダーはアメリカ東海岸のニューイングランドが発祥地で、牛乳をベースとした白いクリームスープです。

作り方が簡単なため、家庭でよく作られるほか、アメリカのレストランや、日本の洋食レストランでも供されることの多い西洋料理の定番です。

クラムチャウダーは貝の剥き身と、玉ねぎ、じゃがいもなどの食材を入れて作ります。買いには主にホンビノス貝を使います。クリーミーでシチューに似た味わいです。

ハンバーガー

ハンバーガーは、日本でも馴染みのある食べ物ですが、日本のハンバーガーとアメリカのハンバーガーは大きく異なります。

アメリカでは国民食とされていて、文化の好みに合わせて多様なアレンジがなされ、バンズの代わりにお米やレタスが使われているところもあります。付け合せは日本と同じくフライドポテトが定番となっています。

手でもちかぶりつくのがポピュラーですが、レストランではナイフとフォークで食べるところもあります。

カントリー・キャプテン

カントリー・キャプテンはカレー味のチキンをお米の上に乗せたアメリカではポピュラーな食べ物です。

炒めた玉ねぎを使った滑らかなシチューを上にかけて食べるのが一般的です。アーモンドやレーズンを入れるなど、スパイシーで甘辛い味付けが特徴です。

カントリー・キャプテンは2000年という最近できた料理で、名前は人から取られています。

バッファローウィング

バッファローウィングは鶏肉の手羽を素揚げにし、辛味の強いソースをまぶしたアメリカの料理のことです。ニューヨーク州のバッファロー発祥で、バッファロー住人には「チキンウィング」や「ウィング」と呼ばれています。

揚げた鶏手羽にカイエンペッパー、溶かしバター、酢、その他の調味料や香辛料を絡めて作る。専用に調合されたホットソースが市販されており、これを用いて作るのが最もお手軽です。

コメント